コラム

COLUMN

【随時更新】6月・7月の鑑定予約可能日時について

こんばんは、皇導です。
6月・7月の鑑定予約可能日に関してお伝え致します。


現在のところ、私が「別口かつ別名義」で業務委託として受けている神気界ではない電話鑑定会社での電話鑑定では素早い鑑定をする方針で行っており、鑑定件数も最大で月あたり300~400件程度行えるのですが、「神気界」名義に於ける鑑定では、対面鑑定でも電話鑑定でも霊視の速さよりも正確性を取り、「全て正確なニュアンスの100%の正答を導き出す」という方針のために体力の消耗が激しく、「1日2枠」の鑑定が限度です。


5月は月・火・木・金・土は1日1枠、水曜日と日曜日は1日2枠の方向性で行っておりましたが、5月16日時点で5月の予約枠が全て早々に埋まりまして、ご自身の先々の予定が分からず、予約に至らなかった方も多数お見えになられます。


私としてはご依頼を頂戴できることは大変ありがたく、ご期待に全方位で添える形でお答えしたいと考えており、そしてお越し頂ければ必ず良い方向に至るようお力添えできる自負もありまして、熟考の上、6月より「全日2枠(水・土日祝は1日4枠中2枠)」の新体制にて鑑定を行う事に致しました。


しかし、6月の日程も5月31日時点で約半数が埋まっていた状態がございまして、そのため従来は水曜日以外の平日(月・火・木・金)の鑑定は1枠のみでしたが、6月より平日の鑑定枠は鑑定が2枠できるようにし、鑑定枠を増やしました。
しかしその分更にご予約を頂いている次第で、ある程度予約可能日が限定されている状態があります。
これからご予約の方や先々に予約を頂戴した方々にはお待たせする結果となってしまいますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。


◆予約枠に関して
従来の形式より、6月から予約可能枠が変更となりましたのでお知らせ致します。
月・火・木・金
一部 13:00-14:30
二部 15:30-17:00


土・日・水・祝日
一部 10:30-12:00
二部 13:00-14:30
三部 15:30-17:00
四部 18:00-19:30
※上記のうち1日あたり限定2枠、計2組のみ鑑定致します。


◆6月の予約の鑑定予約可能日時について
最新の予約状況をお知らせ致します(随時更新)



◆7月の予約の鑑定予約可能日時について

6月15日0:00分より、7月の予約を開始致しました。
6月15日朝までに早々に沢山のご予約を頂戴したため、幾つかの日程がすでに埋まっている状態となります。
まだご希望の曜日にて鑑定予約を取れるかと思いますので、予定とすり合わせの上ご依頼下さい。


また、土日の予約をご希望の方も多くお見えになられるかと思いますが、土日の予約に関しては早々に埋まってしまう傾向がございます。
ご都合が付けば、日程調整の上、平日にお越し頂ければ幸いです。
以上、よろしくお願い致します。



皇導

お飲み物を追加しました。

◆お飲み物について
◇紅茶
現状、「分かりやすく初心者にも美味しい紅茶」としてセレクト致しました、
マリアージュフレールというメーカーの「マルコポーロ」と「アールグレイ」というフレーバーティーをお出ししておりますが、
本当の紅茶好きの方はどちらかと言えばフレーバーティーではない通常の紅茶を好まれる傾向にあるそうで、
岡崎市の紅茶教室をされているお客様から教えて頂きまして、ダージリンティーを入荷致しました。


名茶園、マーガレットホープのオータムフラッシュのFTGFOP(茶園独自の紅茶葉ランク)です。
紅茶の淹れ方は本当に難しく、マシンを使っても測りを使ってもなかなか上手く行かないものです。
紅茶をご希望の方は過度な期待をされませんようお願い致します。


◇ジュース
・コーラ
・りんごジュース
・グレープフルーツジュース
・オレンジジュース
・パイナップルジュース
のご用意がございます。
当方の時間に余裕があれば多少飾り付けをしてお出しします。
ホットコーヒー・紅茶はお話しながらお出しできますがジュースは用意がございますため、
鑑定時間のカウントダウンタイマーを止めてお出し致します。


◇アイスコーヒー・アイスティー
日によって暖かくなって参りましたので、アイスコーヒーとアイスティーもご案内差し上げるように致しました。
アイスコーヒーは氷を入れたグラスにデロンギのエスプレッソマシンで豆量最大でエスプレッソを出して淹れる形で、
アイスティーはお好みの茶葉でお淹れできますが計10分程度掛かりますので、特にご希望でなければ簡易的な物をお出しします。


 


以上、ご案内でした。


皇導

千代保稲荷神社の近くで…

皇導です。

当方は「千代保稲荷神社」におおむね15日・月末に必ず参拝しております。
それ以外でも参拝する事もしばしばです。これは岐阜県大垣市の頃から三年前よりはじまり、
愛知県名古屋市に移転した今現在でも変わることがないサイクルです。
そして伏見稲荷大社は私にとって(伊勢神宮は別格として)最高の神社であり、
神棚は稲荷神棚になり、稲荷大神様をお祀りしております。まずはその稲荷信仰に至る経緯について。

◆稲荷信仰に至る経緯
4年ほど前、この仕事に本腰を据えた時期のことです。
仕事の依頼が平時は100%の量あったのですが、ある日千代保稲荷神社に参拝すると、
その当日から仕事の依頼量が半月の間150%になっている事に気付きました。

これはもしやと思いまして、行ったり行かなかったりを数ヶ月検証したのですが、
やはり参拝してから半月の間は仕事量が150%になり、それ以外は100%のままなのです。
稲荷大神様は衣食住と仕事を司る大神様なので、参拝をする事で、
仕事を通して世の中に尽くすという役割を半月の間に頂けるのだと解釈しました。

それ以降月2回は最低限として、それ以外でも空き時間や休みの日に参拝を続け、
ある夏の日のこと、夜中に千代保稲荷神社への参拝をし終えて車で自宅へ帰る道中で、
神社から2km程度の地点で車の目の前を本物のキツネが横切りました。
窓を開けていたのでキツネの爪がアスファルトをこする音が聞こえ、尻尾は太く先が白く、家に帰宅して調べると「ホンドギツネ」という
岐阜でも山以外ではほぼ生息・目撃情報の無いキツネでした。同乗していた者も見ていたため、見間違いではありませんでした。
稲荷神社の帰りにキツネを見たぞ!というこれ以上ない幸せな体験をさせて頂き、一層の信心を決め神棚をお祀りする事を決めました。
(ちなみに先代は豊川稲荷の御札を崇敬社にした神仏習合神棚をお祀りしていました。)
神棚は伊勢神宮のお膝元の神棚職人謹製の豪華な茅葺き屋根の神棚に致しました。
それ以来更に仕事は増え、昨日の自分を今日越え続けるような成長を日々し続ける事ができました。

◆そして昨日…
そして最低月2回の参拝を3年ほど続けていまして、昨日、いよいよまたその日が来ました。

月曜未明、名古屋市中村区からロードバイクにて千代保稲荷神社へと片道30km程度のライドをしている途中、千代保稲荷神社まであと1kmの地点です。
ふと右の方にある平地にコンクリートが積み重ねてある場所を見ると、凛々しい顔をした、立派な体格のホンドギツネさんが私との距離7メートルほどの場所にいらっしゃいました。
私は大変感激しまして、自転車を横倒しにして追いかけたのですが、背を向けて優雅にどこかへ行かれました。
その後千代保稲荷神社で、お示しを頂いた事へ深い感謝を述べました。

千代保稲荷神社のある岐阜県海津市は田畑に恵まれた素晴らしい土地ですが、
キツネの目撃情報はインターネットのどこにもありませんし、古巣大垣でも聞いたことがありません。
神様の起こされた奇跡なのだなあと、深く感激していた次第です。
もちろん霊視では、神様が行われた事なのは明確に分かります。
分かりますが、やはりこの眼で現実的に神の行われた事を形として見ると、神様は偉大だなあ、
うかがい知れぬ高みの存在なのだなあ、とあらためて感じます。

皆さんも一つの神社さんへ行き続けると、沢山の視えないご利益と、ひょっとすればちょっとの目に見えるご利益があるかもしれません。
ぜひ、ここだと決めた神社への継続的な参拝を。

 

皇導<コウドウ>

※千代保稲荷神社で賽銭を屋根の上に投げるのは神様が猛烈にお怒りなのでやめて下さい。

守護入りパワーストーン精製法

おはようございます、皇導です。

今回はパワーストーンに守護効果を持たせる裏技についてです。
不動明王尊をご本尊とする「成田山」という系統の寺院が全国各地にありまして、
大体の成田山を名乗る寺院では毎日ご祈祷を行い、カバンなどの持ち物を不動明王尊のお力の宿られた霊験あらたかな護摩(ごま)の火にかざし、浄化と守護付けをして下さいます。
何度か実験していますのと、方法をお教えした上で試されたご相談者様のパワーストーンを確認したところ、
例外なく不動明王の守護が宿った素晴らしいパワーストーンが仕上がっておりましたので、ちょっと特別な一本が欲しい方は以下の方法をぜひ一度お試し下さい。

1.パワーストーンを用意する(使用済み品でも可・仏教的要素があるため、念珠のような形式のブレスレットタイプの方が好ましい)
3.お近くの「成田山」と名の付く寺院を調べ、
  護摩焚きの時間と炎に持ち物をかざして下さるかを調べる
  (多くの成田山で行っていると思います。少なくとも愛知県の犬山成田山では行っております。) 
4.カバンの底にパワーストーンを仕込んで(複数可)、祈祷時間前に成田山の寺院へ行く
5.無料(祈祷して御札を頂くなら有料)の定時の祈祷を受け、
  皆が持ち物を僧侶に渡しだしたら、カバンを僧侶に渡して火にかざして頂く
6.カバンを受け取って完了

以上で、不動明王尊という密教の仏様の御守護とお力がパワーストーンやカバンや財布や持ち物などに宿ります。
あたかも簡単にササッと火にかざしているだけのように見えますが、それだけで相当に凄まじい効果が宿ります。
護摩焚きの時は護摩の炎自体に仏様が宿られると言われており、霊能者的に視ても事実として明確に護摩祈祷中はその炎に不動明王尊が宿られていますので、0.5秒あてただけでもとてつもないご利益が宿るのは明白です。

仕込むパワーストーンは強いて言えば赤色系統のものが理想ですが、別に他の色でも構いません。
なんか変なゴテゴテした梵字が入っているパワーストーンじゃなくても、かわいらしいローズクォーツのパワーストーンや濁ったシトリンのパワーストーンなどでも何ら変わりありません。

効果としては不動明王尊の守護になるので、ありとあらゆる効果があるかと思われます。
最高位の如来を究極として、仏様の位としては「如来>菩薩>明王>天部」なので明王は第三位なのですが、不動明王信仰は気が遠くなるような昔から隆盛を極めております。何百年前から大人気です。

そして、霊能者はもう誰も彼もが除霊のために不動明王真言を唱えます。
むしろそれ以外で除霊したら邪道なんじゃないかと言われかねないぐらい、ゴールドスタンダードな除霊が不動明王尊の真言(聖なる言葉)による除霊です。
誰も除霊のために阿弥陀如来の御真言(聖なる言葉)を唱えることはしません。
これは、不動明王尊の力によって強制的にありとあらゆる物事が無理矢理改善される!という不動明王尊の働きの性質から来るものです。
除霊に関しては「悪を剣で威嚇して縄で縛って無理矢理仏道へ引きずり込む」という御働きがあり、どんな願い事もそのような方向性で無理矢理叶えるという性質があり、その勢いたるや、まさに炎です。そして炎に対して、全ての生物や万物は無力です。
「凄い力で何にでもとにかく強制的に効く」というのが人の抱く不動明王のご利益の姿である事は、おそらくここ数百年は変わっていないのかと思います。
そのお力が御札に、財布に、パワーストーンに、カバンに宿る、という一大イベントが成田山では毎日行われているのです。

—余談—
そして余談ですが、どうしても絶対にオススメしませんが、なんとしてでも不動明王真言を除霊のために唱えたいなら、まず最低30万回は印を結びながらご自宅で唱えてから行って下さい。寝ずに唱えて理論上七日七晩の量ですが、一年以内に30万回達成できればよろしいかと思います。
それでも除霊はやはり危険で、地雷な案件によく分からずに突っ込んで再起不能になる霊能者はプロですら大変多いので、
「愛され敬われ開運される」という愛染明王真言30万回の方が一般の方には大変オススメです。
人生は人との関わりの連続です。人との関わりが全て上手く行けば人生は全て上手く行きます。愛染明王真言はたったの20回程度でも効果が発生し、30万回行えば絶対に絶大な効果が出ます。
かつて鑑定で、どうしても叶えがたくどうしても叶えたい願いがある方にのみ、30万回唱える事をオススメしましたが、達成できた方は全員とも主に人間関係が劇的に全て改善しました。
——–

そして、その完成したパワーストーンを身に着ければ仏様の御分身が宿り、諸々とお力添えして下さいます。
なお、石に元々宿った自然エネルギーは上書きされて消えるようです。
また、カンの鋭い方には理解できる話ですが「死んだパワーストーン」と言われるような酷使しすぎた生気のない石も、全く別物として生まれ変わります。
※浄化は通常のパワーストーン同様に行うのがよろしいかと思います。

以下が成田山の寺院一覧です。

・大本山成田山(成田山新勝寺):千葉県
・札幌別院(成田山新栄寺):北海道
・東京別院(成田山深川不動堂) :東京都
・川越別院(成田山本行院) :埼玉県
・横浜別院(成田山延命院) :神奈川県
・大阪別院(成田山明王院) :大阪府
・名古屋別院(成田山大聖寺) :愛知県  ご祈祷詳細:http://www.inuyama-naritasan.or.jp/grace.html
・福井別院(成田山九頭龍寺) :福井県

他にも毎日定時に祈祷を行い、火にかざす事をしている寺院も一部あるかもしれませんので、上記の寺院がやや遠方の方は調べてみて下さい。

追記:
効果期間に関しては、浄化(クラスターやさざれの上に1日8時間以上毎日載せてあげるなど)をするのであれば、
半年~一年間、もしくはパワーストーンの紐が切れるまでは効果はあるかと思います。

皇導<コウドウ>

霊能者の教えるセルフ除霊法

こんばんは、皇導です。

世の中には「セルフ除霊法」とやらがまことしやかにありまして、私もかつてはファブリーズのアロマなんとかで除霊しては知人に話したりしていたのですが、
それは私が霊能者だから無理矢理できる芸当だった事が最近明らかになりまして、間違った事を人に伝えてはいけないと誰にでもできるセルフ除霊法を探っていた次第です。

◆そもそも自分には霊症があるのかをチェックする
一つ前の私のブログに、霊的影響の有無をはかる方法「霊相」という物があります。詳しくはそちらを拝見して頂くとして、抜粋します。

————————–
1.腰痛は生霊の場合が多い。
2.左半身のコリや痛みや重みは霊症が多い。
3.右半身のコリや痛みや重みは神仏先祖などのタタリの場合が多い。
4.マッサージおよび整体へ行っても3日4日で元に戻るコリや痛みは、
上記いずれかの可能性が更に高いと推測される。
5.上記の霊的影響が取り除かれたのであれば、
出ていた身体症状が即改善される場合が多い。
6.霊的マイナス影響が無い人は上記の身体症状が無い場合が多い。
※ストレートネックや寝具の都合や寝姿勢、もしくは職業柄などで
同様の状態になる場合も当然あるかと思いますので、全部が全部これ、という訳ではありません。
※医学的根拠ゼロです。あくまで霊感占い師の書く占いです。
以上の六条件を「霊相占い」と呼ぶようにしておきます。
————————–
とりあえずこれらでチェックしていただき、下記の方法でそれらの状態が解消できるのかを様子見して頂きたいです。

◆悪霊のランク
重 SSS>SS>S>A>B>C>D>E>F 軽

上記のように定義しています。
SSSは約2000人に1人で、人死にが出たり末代までの人生を全てズタズタにするレベルです。
SSは約400人に1人で、猛烈な不幸が襲いかかるレベルです。
Sは約90人に1人レベルで、半強制的に悪い選択を取らされるレベルです。
AとBはその劣化版でAが約50人に1人レベルと、Bが約30人に1人レベルです。
Cは心身にちょっと影響が出るレベルで、DとEとFはその劣化版です。C以下は3人に2人ぐらいでしょうか。

◆一般的に除霊に良いとされている事の全部盛り
除霊度:★★☆☆☆ 難易度:★★☆☆☆ 費用:600円ほど+交通費
1.掃除、換気
2.墓参り
3.国産塩一握り+日本酒をコップ一杯分混ぜたお風呂への入浴
4.風呂場で塩を頭から一袋かぶる

これらを行えば、EとFランクに関しては除霊できます。
悪霊は汚いこもった陰気な環境を好み、墓参りに行くと先祖が最大限の力を発揮して除霊する事が可能であり、塩と酒での浄化は悪霊のエサになるマイナスエネルギーを浄化し、悪霊とのリンクを一時的にやや切断する事が可能です。
更にご先祖様のお力添えも強くなり、開運すらできます。

◆成田山系の仏閣で護摩祈祷を受ける
除霊度:★★★☆☆ 難易度:★★★☆☆ 費用:5,000円ほど+交通費
不動明王のお祀りされている成田山系統の仏閣で、護摩祈祷(護摩炉という設備で火を焚くご祈祷)を「災難除け」で受けます。愛知県であれば犬山成田山が有名ですね。
Cランク未満の霊症に関してはこれで除霊していただけ、10万円以上の高額な祈祷を依頼すれば仏閣への貢献度の高さからAランク未満に関しても除霊して頂ける事かと思います。
仏様が行われるわけであって、お寺の方に「除霊して下さい!」と言っても「うちではそういうのは…」と言われるのがオチだと思います。仏前で祈念をぜひ。

霊能者の大半は不動明王法という呪文+真言をもってして除霊を行います。不動明王は剣と憤怒の顔で威嚇し悪を縄で縛って無理矢理仏道に導く仏のため、除霊に大変好適であるとされているからです。(素人がこれを行うと、悪霊が逆上するため危険です。)

でも、ホントは開運目的での参拝やご祈祷がお薦めです。
成田山系統の仏閣参拝は、お墓が仏教式の家であればご先祖様も強くなり、そもそもが幽霊がかなり憑きにくい状態に持っていける可能性すらあります。

ちなみに神社では除霊されません。特別なケース以外では、です。

◆生命力を感じさせる行動を取る
除霊度:★★☆☆☆ 難易度:★★★★★ 費用:???
マリンスポーツや遊園地などでキャアキャア奇声を上げて動きながら騒ぐ時間を作る事が主です。
別に鬼ごっこでも砂浜でギャーギャー言いながら走り回っててもなんでも良いのですが、とにかく身体を一箇所に留めずに動かしながら奇声をあげ、ポジティブな感情で身体を満たす事が重要です。ちなみに立ち位置がそこまで変わらないためライブはだめです。

子供はいざしらず、大人になるとそんな時間を作る事が難しくて困りますね。
人目を気にして奇声を上げることすら難しい。
ゆえに難易度は最も高いです。
おおむねCランク未満はこれで除霊できるかと思います。

◆霊能者による除霊
除霊度:★★★★★ 難易度:★☆☆☆☆ 費用:鑑定料
ただの私への鑑定依頼です。
もはやセルフ除霊でもなんでもありませんが、やはり最後はプロです。
全てのランクにおいて全て解決可能です。

いかがでしたでしょうか。
最初の全部盛り以外は思っていたのと違う方法ばかりかと思いますが、悪霊も人に取り憑いたりするのが仕事かつライフワークなので、なかなか居なくならせる方法が無いため、プロとして最大限の知恵を絞った結果が上記の方法です。

「霊相」にあるような状態が改善すれば、除霊ができたと確認できるかと思います。
改善しない方や不安な方は、お問い合わせより私までどうぞ。

皇導<コウドウ>

霊症の有無を測る方法「霊相」

こんばんは、皇導です。

突然ですが、あらゆる鑑定において「私って幽霊ついてますか?」という質問を良くされます。
ケースバイケースなため、有りますも無いですも色々とあるのですが、霊能者以外は霊症の有無は中々測れないものです。
今回はそれを測る方法に関して。

霊能以外の占いの世界では「相」「卜」「命」(ソウ・ボク・メイ)という、三種類(三系統)の占術方法があります。
相術は「見た目などでわかる状態からその人を占うためのもの」
卜術は「易占のジャラジャラ棒やタロットに代表されるような、道具の状態からその人を占うもの」
命術は「姓名や生まれた日から、その人を占うもの」 です。

今回の話には相術しか関係ないのですが、
「手相」は人生の進み方やその人の傾向が「手に出るモノ」である、といったもので、
「顔相」はそれが「顔に出る」とされるモノ、「家相」は「家に出る」とされるモノ、というような感じで相術という占いは成り立っています。

よく分かりませんが、これらはかなり当たります。
伏見稲荷大社の境内で相術と命術を行う女性の先生に私が見てもらった際は、
「あなたお金たまらないわね!あと神仏との関わりが物凄く深いわね!すごいわね!そういうお仕事なの?」というお話をノーヒントでされていました。 凄いです。
(千本鳥居の入り口の階段の下の辺りに出店を構えているパーマ掛かった長い髪の女性の方です。ご参拝の際はぜひ)

よく分かりませんが、人の運命や状態というのは、目で見える表に出てくるそうなのです、というのが今回の話の大前提です。

そしてこれは相術ではないのですが、東洋医学サイドには手の甲の状態や爪の状態や顔色から健康状態をはかる方法もありますし、西洋のお医者さんも舌を見たり目を見たり膝をトンカチで叩いたりする事から状態を推し量ろうとします。
体内の状態の良し悪しは何かと目でわかる部分に出てくるのだ、という事らしいのです。

では本題ですが、霊的影響は体に現れるのか?という話ですが、現れると言えます。
これは12,000件超の鑑定の上でつちかった統計的なお話なので、誰もがそうですよという訳ではないのですが、割りと当てはまる場合が多いのと、それらの状態の改善を目標として除霊を行うので、私は霊症関連の鑑定では必ずここらへんのヒアリングをしています。
私であれば10秒程度でどれぐらいのレベルの何が取り憑いているのかは判別可能ですが、一応どなたでも分かる内容として書き記します。

そしてここから書くことに関しては、あくまで手相や顔相と同等の「統計学的占い」としてのお話であって、医療も医学も全く一切関係ない、医学的根拠の無い、あくまで「占い」のお話である前提で見て下さい。実際霊能者=霊感占い師の私が霊的なものを占う方法です。

————————–
1.腰痛は生霊の場合が多い。
2.左半身のコリや痛みや重みは霊症(幽霊に取り憑かれているケース)が多い。
3.右半身のコリや痛みや重みは神仏先祖などのタタリの場合が多い。
4.マッサージおよび整体へ行っても3日4日で元に戻るコリや痛みは、
上記いずれかの可能性が更に高いと推測される。
5.上記の霊的影響が取り除かれたのであれば、
出ていた身体症状が即改善される場合が多い。
6.霊的マイナス影響が無い人は上記の身体症状が無い場合が多い。
※ストレートネックや寝具の都合や寝姿勢、もしくは職業柄などで
同様の状態になる場合も当然あるかと思いますので、全部が全部これ、という訳ではありません。
※医学的根拠ゼロです。あくまで霊能者=霊感占い師の書く占いです。
————————–
以上の六条件を「霊相占い」と呼ぶようにしておきます。

ちなみに私は霊能者ではありますが、どちらかと言えば本流は「気功」です。
父に教わり始めた頃から数えて、習得順は気功→密教術→霊視→神道術→エネルギー操作術→精神干渉術→高位霊能術、という感じで気功が一番古いです。

頭痛肩こり腰痛等へのアプローチに関しては、遠隔であれ何であれ相当な高いレベルで対処ができる自信があります。
そんなバカな、という方は仰って頂ければ全力で対処します。
全く改善できなかったら私は素直に謝罪しますが、そういったケースはここ二年ぐらいありません。
20分間10,000円にて電話鑑定の遠隔気功除霊コースがございますので、気になる方はぜひご依頼を。
そしてタタリの場合は遠隔で気軽に対処できないケースも多いので、その時は一応、解決できるかもしれない方法を探りましてお教えし、それが無理なら私が対処します。

先祖のタタリなら墓参りに行くようにしたり、墓を直したり、坊さんなり神職(神道墓の場合のみ)なりを呼んで一年に一度は祀り上げればなんとかなるケースも多いです。
(ここらへんの精査と方法論の教授だけで数百万円取る霊能者も世の中には沢山いるそうです)
神仏のタタリはレベルが高すぎて人死にが出たり生き地獄を味合わせに来るのと、究極的に偉い存在がお怒りという事なので、なんとかして解決法を模索する形となります。

以上が「霊相」のお話です。

私以外にも除霊が出来る先生は世の中に沢山いらっしゃるのですが、
「こ、これは!あなたには霊がついています!」からの
「頑張って除霊しました!」のビフォーアフターにおいて、ここらへんの治ったか治ってないか、軽くなったかなっていないかも一つの判断基準として考えてみて下さい。私の考えでは世の中には偽物の霊能者が95%存在しておりますので、
これらが改善したら本物、しなければ偽物、という暴論も成立するかと思います。

ここらへんの話で気になる方はどうぞお問い合わせより。

皇導<コウドウ>

霊能者によるお部屋選び

皇導です。

先日、1月18日に引っ越しを終え事務所移転をさせて頂きましたが、それまでは数ヶ月単位で新居を検討して居た次第です。
当然ながら私の家選びの基準は霊能者でありますので、普通の方とは違う方向性です。
今回の移転では霊能者的な見方での家選びは最大優先でしたが、風水などそれ以外の要素も重要視いたしました。

風水に関して、そこまで詳しくはないのですがザックリと要点だけ説明しております。
そして、私は風水を信じております。
霊的な悪影響を受けている物件に関して言えば、北東や南西などの風水的な方角のやや近い場所に墓などがあるケースが多く、それこそが鬼門(北東)裏鬼門(南西)であることと、依頼者さんの家の水場の気の滞りが体調や霊的影響を招く場合が多いからです。

今回の記事では「◆風水学的サイド」と「◆霊能者的サイド」と題しまして、風水学的な側面と霊能者的な側面の二方向からの選定基準を書き記しました。

前者の「◆風水学的サイド」に関してですが、そもそも風水というのは100点を目指すと家として間取りが破綻してしまうために、現代では80点を目指すべき物とされています。マンション・アパートであれば「70点」がマックス評価かと思います。
家移りを検討中の方は、やや下記の基準に当てはまるお家を皆さんが探されると良いと思います。
これらの基準は東洋統計占術(気学・風水学・家相学・四柱推命・奇門遁甲などなど)から総合的に判断する人の言から拾っているため、厳密に言えば風水ではないのかもしれませんが、当たる人なのでぜひご参考に。
(そこまで詳しくなく、かなり大事な項目のみあります。)

なお、統計占術で言えば、生年月日>名前>家の優先順位として人は人生や運命を左右されるようです。

後者の「◆霊能者的サイド」に関しては、霊能者の視点からでなければ分からないことなので、これを参考にしたいようでしたら私に聞いて下さい。

◆風水学的サイド

1.玄関は南or南東がベスト 北・北東・南西はアウト
一軒家の賃貸であれば参考にすべき項目です。
アパート・マンションは日当たりを重視するために「北玄関南ベランダ」が大抵なので、アパート・マンションで南か南東玄関にしようとすると、参照できる物件数がおおよそ95%減ります。

ただ風水上、北玄関は最も「お金が溜まりにくく出やすい」方位であり、日が当たりづらく薄暗い方位らしいので、アパート・マンションであれば「北玄関」は多いのですが選ぶべきではないでしょう。

それ以外にも、下記にも書きますが鬼門(北東)・裏鬼門(南西)と言われる方角に玄関があるのは☓とされています。

大体玄関方位にランク付けをするのであればこんな感じです。
◎ 南東>南>東>西>北西>北>南西>北東 ☓

南=日当たりが良い
北=日当たりが悪い
西=日が沈む方角
東=日が昇る方角
北東=鬼が来る方角
南西=鬼が去る方角
という背景があるようです。

もしお住いの玄関の方位が悪い場合は、ある流派の風水では風水鏡・八卦鏡(はっけきょう)等の鏡を玄関先に置かれるとなんとかなるそうです。 免罪符的な効果があるとか。元々の間取りの良さには負けますが、それでも対処としてはシンプルかつ多大な効果が得られる、らしいのです。

個人的には八卦鏡だけで免罪符的な効果が発生するというのはありえないと思っています。
霊能者系統の方が何らかをほどこした鏡であれば効果はあるかと思います。
すなわち空間の気を歪ませる効果を鏡に付与するという事なので難易度は高いですが、一応私もできます。鏡無しで。

2.忌み嫌うべき方角、鬼門(北東)・裏鬼門(南西)&水場について
上にもチラリと書きましたが、鬼門裏鬼門というのは忌むべき方角です。
北東から鬼が来て、南西に鬼が去ると昔から言われており、現実的な話で言えば、日本は北東からの風が作物に悪影響を及ぼし、南西から台風が来るという土壌であり、それもあって日本は「鬼門」「裏鬼門」は最悪な方角だ!という風土が芽生えたそうです。

特に北東南西の風呂トイレ台所は邪気が溜まって良くないと言われています。
現実的な話では、北東に風呂トイレがあると寒いのでヒートショック的な意味でに心臓に悪い、というところもあります。

ちなみに、風水的にはトイレの場所はどこにあっても凶と言われておりますので、唯一家の外にトイレを作るのが吉とされています。
昔の家が外にトイレを置いてあったのがここらへんが理由な部分もあるようですが、現代ではそこらへんはどうしようもない所なので、トイレは北東南西に無い方が良い、ぐらいで考えておいた方が良いでしょう。(北にトイレがあるのもあまり良くないそうです)

台所に関しては、北東か南西にベタ付けな位置でなければ良いようで、対面キッチンのような形式であればまだ大丈夫かなと思います。

風水では水場はああしろこうしろここがいいどこがだめ、と色々言われる場所なので、お部屋選びの際には注視してみて下さい。

3.西の窓は少ない方が良い
家全体の西に窓や扉が多い場合は女性が病気になりやすいそうです。
西日=沈む日が入る場所なため、風水的にあまり良くないそうです。
アパート・マンション等であれば、隣接した部屋があるため西に窓がないケースも多いと思います。北玄関は諦めるとして、ここらへんと水場の位置は気にされたほうが良いかと思います。

4.まとめ
・玄関は ◎ 南東>南>東>西>北西>北>南西>北東 ☓ の順番で良い
・北東・南西に水場(風呂・トイレ・キッチン)は良くない!
・西に窓や扉があまりない方が良い!全くなければもっと良い!

詳しくは風水本を参照して欲しいところですが、流派によって言っていることが真逆だったりしますので、とりあえず上記を参考にしてお好みの家を選ぶぐらいが丁度いいと私は考えます。
プロであれば、例えば新築であればこれから建てるカーポートの位置を家の中心からどちらにズラした方が吉、
家の中心よりも西寄りに風呂場があったほうが吉、みたいな細かい部分まで分かるようなので、気にされる方はその道のプロへぜひ。
ご心配でしたら、その道のトッププロをご紹介できます。お問い合わせ下さい。

◆霊能者的サイド
・家の波動
ここのところ住宅情報サイトで数百軒と物件を霊視しているのですが、家によってバイブレーション?波動?次元?が全く違う事に気付きました(便宜上「波動」と言っておきます)

このままでは難しすぎるため解説すると、例えば人で言えば、景気が良く物事に動じず高いステージの精神状態を保っているノリにノッていて、良く分からないけどオーラがあって目立つ人が「波動が高い人」みたいなもので、ああもうだめだ終わりだと嘆きながらフラフラしている人が「波動が低い人」として、家にもその高い低いが存在する事に気付きました。
ここでは波動=エネルギーのステージ、みたいなものと解釈して頂ければ良いかなと思います。

人間、普通であれば1日10時間は在宅中になりますので、家や土地の波動の影響は否応なく受けます。
朱に交われば赤くなります。

波動を霊能者以外が判定する方法はほとんど有りませんが、強いて言えば家の外や旅行先では気分や体調がとんでもなく優れるのに家では体調が優れないケース、この場合は出先と家を比べた時に家の波動が低い事が予想されます。

この波動を上げるには、まず原因としてマイナスの霊的影響(悪霊・邪気など)が存在すれば排除する事。
それらが無ければ方法論は限られ、水回りの徹底的な掃除と家の外の草むしりやベランダの清掃ぐらいになります。

しかしそれらの方法は、その家と土地の総和としての波動を100%に戻す方法であり、元々の家と土地の波動が悪ければ「100点満点中50点の家の波動が20点になっていたのを50点に戻す」事でしかありません。
この理論での家の選定は、霊能者に聞いた方がより確実でしょう。

・家のエネルギー
風水は元々、目に見えない気の流れを統計的に読み解き、それをコントロールすることで福を招き財をもたらし災いを退ける事を目的としています。

霊能者であれば気の流れぐらいは朝飯前に視れるのが当然であり、私を含めてごく一部の方は遠隔であれ直接であれ、良いエネルギーを創り出したり浄化したり祓ったり操作したりはできますので、そういった形での対処は可能です。
その対処を行ったとして「100点満点中50点の家の波動を100点にしてもいずれ50点に戻る」という状況にしかなりえないので、長期間高い状態を維持したいのであれば、家相以外のところでの風水にややこだわってみたり、掃除を高いレベルでし続けるしか無いでしょう。

・土地の属性
人にも家にも属性みたいなものがあります。
人間であれば、人を調和させる人、人の仕事を成長させるひと、人を導く人、食事を作る人、場所を提供する人、様々な性質や属性があります。
この属性が悪い方向の人はほとんどいないようですから、適職のヒントにもなりえます。
(これを私が視るのはかなり時間が掛かりますが、誰でも霊視可能です。)

土地においては人と違って良い性質の土地や悪い性質の土地がまばらに入り混じっており、土地自体が良いか悪いかの割合はそれこそ半々ぐらいです。
仕事に好影響悪影響、人間関係に好影響悪影響、中には極めて良い土地や極めて悪い土地もありまちまちです。
悪い土地では悪いことが起きる傾向が強く、良い土地では良いことが起きる傾向が強く出ます。

この属性はマンションなどで5階以上の場合は影響が薄くなり、15階以上ではほとんど影響を受けませんので、マンションなどの高層階にお住まいの方は大体の影響はプラスマイナスゼロです。

ご自身の住む土地がどうなのか、家移りをする場所がどうなのか聞きたい方は仰って下さい。

・なんか埋まってる
よくありますが、論外のパターンです。
家相だ風水だとかを超越して、土地に骨とかヤバイ壺とか箱とかが埋まっているであろうパターンです。
この場合、家の住人に等しく酷いレベルの心身不調が出るパターンが多いと記憶しています。

この場合、属性うんぬんではなくもう土地自体を封印するしかありません。
やや大規模な施術になりますが、霊能者では「大技」として可能とする方が多いかと思います。値段はまちまちですが、だいたい凄い事になります。
賃貸なら引っ越しをする事が最優先になるかと思います。

・鬼門裏鬼門に危なげな施設は☓
自分の家のせいじゃないのに霊的な被害にあっているケースです。
新興宗教団体・病院・墓が鬼門(北東)・裏鬼門(南西)もしくは隣接してあるとあまり良くないです。
新興宗教団体からは謎のエネルギーや念が、病院や墓からは邪気やら幽霊やらが飛び込んできます。
この場合の解決方法は土地の浄化や結界や、悪影響を受け流したり反射したりする大規模な施術がいるケースになり、かなりややこしいです。

ちなみに鬼門(北東)に神社があるケースは守られるので◎です。裏鬼門にあるケースも悪くないようです。そのケースであればせっかくなので、よりご守護頂けるように参拝もぜひ。
ですが鳥居の正面にある家は神の通り道を邪魔しているとして、その家自体が潰れやすいそうです。

・鬼門封じや方位除けで対策
鬼門除け・鬼門封じ・方位除けというのが全国の一部の神社仏閣にて頒布(はんぷ)されております。
私の部屋の北東にも、和歌山県は熊野本宮大社の鬼門除けの木札が以前はありました。
これらを用いるのは大変有効であり、知らず知らずに災いを避ける効果が期待できます。
・まとめ
1.家の波動が高い場所に住むべし!霊能者しか分かりませんが…
2.家のエネルギーを良くして良い状態で維持するには掃除すべし!
3.土地の属性によって住む人の運気は代わる!
4.なんか埋まってたら大変!
5.北東・南西に墓病院などがあると良くない!
6.鬼門封じ・鬼門除けで対策すべし!

以上となります。
家というのは霊的にも東洋占術的にも「運命を決める」大変重要な要素です。
物件を探しの際はお声掛け下さい。分かりやすく☓△○◎花丸!という基準でご説明致します。

また、土地に関して追記になりますが愛知県の土地は全体的には良い土地が多い傾向にあります。
名古屋市は都市部ゆえに土地に溜まっているものが多く、それらが汚泥のように鬱積した悪い土地も往々にして存在しています。
埋立地を除き、土地には歴史があります。1,000年2,000年、そこで何が起こって誰が生きて誰が死んだのか、それが歴史です。
それらが積もった総和が土地の良し悪しです。詳しくお知りになりたい方はご鑑定へぜひ。

皇導<コウドウ>

神社・お酒・奉納

今回は読み物として「神社とお酒」について。

皆さんの参拝される神社で、社務所があってご祈祷を受け付けている神社には全て「お酒」がお供えされているかと思います。
また、社務所のない神社やご家庭や仕事場の神棚にも必ずお酒が捧げられています。
今回は原点に立ち返り、解説を致します。
霊能者的というよりは、現実的な視点から書き記します。

◆なぜ神様はお酒(日本酒)なのか?

・神の発生と作物
まずは神社神道とはなんぞや?という事から語らねばなりませんが、日本列島で二千数百年以上前の時代に、畑を耕し衣服を作り住居を建て住まい、という農耕を中心とした衣食住がありました。
その中で大雨洪水・日照り・強烈な風などで作物が生育しなくなったら最悪村ごと絶えてしまうわけで、自然というものに人は畏怖しながらも、その恵みを享受していたわけです。
無事に作物が育って何事もなく生活していけるというのはこれ以上無い幸せであり、その幸せを願って人は自然というものに対しての畏敬の念を「アニミズム(自然崇拝)」という原初の信仰へと転換させます。

大自然=神を拝めば作物はしっかり育って大雨や日照りで大変なことにならないのではないか?という考えに至ったわけです。
これらは古代エジプトだろうがシュメールだろうがどこだろうが何だろうが、人々に村社会や農耕が発生すれば自然とこの「自然=神を拝めば全部うまくいく」という思考回路に世界中が至っていたそうです。
科学なんてものが存在しない時代には「よく分からん状態をなんとかするにはよく分からんものを頼るのが良いに決まってる!」というのが唯一の正解なわけです。
そして人は神(大自然)を拝み、農耕の技術を切磋琢磨しながら生き続けてきました。

そんな中で神様のおかげで立派な作物ができた!作物を神様にお供えしよう!というわけで太陽や雨や風や土などのお恵みに感謝して、神様にご報告とお返しをかねてお供え物をしたわけです。

・なぜ日本酒?
日本酒は御存知の通り米から造られます。
今でこそ稲畑は無限にありますが、その原初中の原初の種、一番最初の稲穂は神様が日本にもたらしたものである!と古事記に書いてあります。

米というのは神様がもたらした物なのです。その子の孫のひ孫…という無数の系譜の末端に現代の米があるわけです。
米一粒には神様が~というのは、神様向けの奉納米が作られる田んぼ以外では無いかと思うのですが、少なくとも神様がもたらして下さったものの末端なわけです。米というのはありがたい存在です。

その神様から頂戴した種から派生したお米様を、人が手塩にかけて育てる。
その中では太陽や風や雨や土や農家のじいちゃんの努力やそれを支える妻や家族の苦悩や害虫駆除やらなんやら、無数の戦いとドラマがあるわけです。
そうしてやっとの思いで出来上がった米を、人が技術の粋を集めて伝統と革新を連綿と続けてきた技術において、更に更に時間と手間暇を掛けて無数の戦いとドラマもありつつ「日本酒」という至高にして究極の成果物へと昇華させるわけです。ありがたくて涙が出ます。

その究極的に昇華に昇華を重ねた物を神へお供えする、それが日本酒であり、世界に誇るべきSAKEです。
常に神様へお供えするべき、ありがたい存在であることがご理解できたかと思います。日本酒とは偉大な存在です。

ちなみに焼酎や梅酒やジャパニーズウイスキーを備えるのは邪道ですので、主に焼酎を間違えてお供えしないようにして下さい。あと日本酒の鬼殺し。日本酒ですが鬼と殺しという忌み嫌われるべき単語が入っているので、お供えとしてはノーです。
キリスト教の教会にデビルキラーという名前のワインを納めるようなものです。

◆日本酒の奉納

・なぜ奉納するの?
そんなこんなで二千数百年に及ぶ日本における農耕の歴史と技術革新の粋を集めたのが日本酒で、今から1900年前には既に日本に酒があったとの記述が中国の歴史書にあるそうですが、そのお酒を奉納する意味について。

神様というのは大自然ほどに人知の及ばぬ遙かなる高みのそのまた高みの向こう側の存在にあらせられるため、その神様にお願いを差し上げ、あまつさえ聞いて頂く事はとてもむずかしい事です。

人間的にどうか、願い事が客観的に重要な事であるか、願いを叶えた事の影響がどうかとか、礼儀作法は、神に対するマインドはどうか、罪深いかどうか、世の中にとって役立つ人間かどうか等々、色々と考慮された上で願いを聞くか聞かないか、叶えるか叶えないかを検討されるかと思います。

ただし人間、欠けた生き物です。
罪の無い人間などほとんど居ませんし、人間的に完璧な人ばかりではありません。願い事は客観的に見てどうでもいいことかもしれないし、願いを叶えた事で他の人が多少なりとも不幸になるかもしれない。
そして礼儀作法はなっていないかもしれないし、無知識過ぎて神社に仏様が居ると思っているかもしれない。世の中にとってなんら必要のない人間かもしれないし、正直言って叶えてあげたくない人の叶えてあげたくない願いかもしれない。

だからこそそこで、お捧げ物です。
(礼儀作法(参拝方法)と知識はお手持ちのスマホやパソコンで最低限補って下さい。)

日本の農耕の歴史と文化と神のお力添えの結晶である日本酒を携えて神様にお願い差し上げれば、割とどうでもいい願いを持ったどうでもいい人でも「分かってる人」扱いされ、最低でも願いは100%聞き届けられます。
その先に叶えるかどうかに関しても、かなり加味される事でしょう。
その上でご祈祷を5000円程度で受けて、社務所にお酒を奉納した上での祈祷「御酒奉納祈祷(みきほうのうきとう)」を受けましたらば、完全に神様へ正式正当に願いを届け、叶える事に関しても相当に強く加味して頂ける事でしょう。

もちろん、感謝をお伝えするためにお酒を奉納しご祈祷をお受けすることも大変よろしいかと思います。

・奉納する日本酒について
お賽銭は高い金額を投入したとしても神社の繁栄と継続に好影響な部分が大きく、神様に直接的に捧げるものではありません。それもまた喜ばしい事ですが、高い日本酒を捧げる事の方がより直接的に神様にお届けする事ができ、大変喜ばれる事でしょう。

霊能者である私が推奨する日本酒の金額は「5,400円以上」です。一升瓶で一本で良いです。
このランクの酒は不味いものが存在しないのと、酒造所の中でも高い技術を用いてプライドを持って制作している誇り高きモデルである事から、神様に美味しくお召し上がり頂ける日本酒に違いありません。

一般的には一本2,000円~3,000円の日本酒を奉納される方がほとんどなのですが、それらよりも高い金額の日本酒をお捧げする事により「すごい酒が来たぞ!」と神様に感じて頂き、奉納した人間やその願いをより明確に示す事ができるかと思います。

そして霊能者である私が仕事上の案件で使う酒は、最近では「10,800円クラス」の酒です。確実に願いを届け確実に叶えて頂けるよう、最善最高最上の選択肢を取りたいからです。

このクラスを越える日本酒は、一部の酒造メーカー以外にはありません。文句なしの最上位です。
このクラスになると大体が桐箱入りで、日本酒が大嫌いな人が飲んでも「なにこれすごい美味しい!」と例外なく言わせるレベルで、もはや宝石を飲んでいるかのような贅沢な時間を生み出す代物です。

このランクのお酒を神様にお供えする参拝者は「信心深い大社長」以外はほとんど居らず、神様はきっと目を皿のようにしてどんな人がどんな願いを届けに来たのかをまじまじと観察し、相当前向きに検討して下さるでしょう。

醴泉 正宗(れいせん・まさむね) 獺祭二割三分(だっさい・にわりさんぶ) 英勲 純米大吟醸 一吟(えいくん・じゅんまいだいぎんじょう・いちぎん)の三つは、実際に神様にお捧げした上でこれ以上無い反応を頂いたお酒です。

獺祭(だっさい)は名実ともに日本最高の酒と名高いため、迷ったら獺祭の5,400円級「獺祭 三割九分」もしくは10,800円級の「獺祭二割三分」が良いでしょう。
希少性があるお酒のため、実店舗ではどこも在庫がない場合が多い品ですが、ネットであれば在庫はいくらでもあるかと思います。

・奉納するために必須!「のし」
漢字で書くと熨斗です。お酒の箱をパッケージングした上で、更にその上から「のし紙」というのをかぶせます。
のし紙とは、要するに「何のために誰が持ってきたのか」が書いてある紙です。
結婚式のご祝儀を財布からダイレクトに出さないのと同じで、奉納においては礼儀として絶対に必要です。

この「のし」を付けるのはお酒やさんは全てサービスで行われます。
書き方としては「奉納 佐藤太郎」もしくは「奉納 佐藤家一同」のように書いて頂きます。お酒やさんには、「外のし 奉納 佐藤太郎」と伝えて頂ければ、正しく奉納すべき代物が完成します。

・いざ奉納
礼儀作法(鳥居の前で一礼、手水舎の作法、二礼二拍手一礼、参道は自分から見て左側を歩く、お賽銭は投げずに賽銭箱にするりと落とし入れる、みそぎのために参拝前にお風呂またはシャワーを浴びる)を守って頂き、社務所へ「こちらを奉納させて下さい!」とお渡しすれば大丈夫です。
ご祈祷を合わせる場合は「こちらの奉納とご祈祷をお願いします!」と言えば通じます。
(祈祷を行わない場合は、お酒の奉納を先に行ってから参拝をして下さい。)

これにより、神様へと「神様の恵みと人の技術と努力の粋を集めた究極の成果物、日本酒」が届けられます。
かくして願い事が叶いましたら、再度感謝の気持ちとして奉納をされるとより良いかと思います。その際にご祈祷を受けるのでしたら、「神恩感謝」名目でご祈祷をお受け下さい。

・奉納後のお酒はどこへ行くの?
神様へ届けられ、1~2ヶ月ほどすればお酒はお下げされます。
その際、神職や地元の氏子(神社を崇敬し支援している方々)に配布されます。
うらやましい。

◆注意事項
・縁切りを神社で願うことは「神様が決定付けたご縁を人間ごときが否定する事」になりますので、絶対に行わないで下さい。
・お酒はワレモノなので、慎重にお運びして下さい。尊いものを尊い神様に捧げる、という意味で、参拝道中はなるべく地面に直接置かない方が良いでしょう。

◆さいごに
そんなこんなで「神社・お酒・奉納」でした。
皆さんも何かお願いごとがありましたら、お酒を片手に正式正当な神社参拝と祈願をされてはいかがでしょうか。

皇導

霊能者が説く、本物の霊能者と偽物の霊能者の見分け方

本物の霊能者と偽物の霊能者との見分け方について。

ウェブサイト上でも「偽物の霊能者は95%居る」と書きましたが、これは事実です。
二代目の霊能者として、プロとして仕事をし続けてきた中であらためて思います。
電話占いや対面占いに、世の中には似非霊感霊視占いが溢れています。
その手法は様々で、心理学的手法を用いるものから、その人自身の「迫力」を用いて無理矢理納得させるものなど様々です。
映画やドラマになった「TRICK」の世界観のように、とんでもないインチキ霊能者がはびこっています。

ただ、その中でも5%の本物の霊能者は確実に存在します。
その中で、ありとあらゆる人に対してある程度の正当を導き出しうる、実用に耐えうる霊感霊視能力を持っている人間は2%程度です。
100人に2人、これはおおよそ正確な数字です。
それ以外の3%の方は「当たったり当たらなかったりするやや優秀な霊感持ち」もしくは発展途中の方です。

「私は霊能者です」「スピリチュアルカウンセラーです」「私は霊媒師です」「イタコです」と名乗っている人を見掛けたら、98%の確率で頼るのが不正解と言わざるを得ません。

私は偽物の霊能者の被害に遭う方を多く見てきました。
何も当たらないのに高い金銭を取り、小手先でごまかして本物ぶる方々が本当に多い。

私はプロをやっていますので見分けるというのは造作もない事ですが、ここに普通の人でも偽物を見分ける方法を書き記します。

◆◆◆覚えておくべき偽物の用いるテクニック◆◆◆

◆心理学手法を用いる
1.コールドリーディング
判断力を全開にして当てずっぽうを言い、相手の反応次第で正答を引き出す手法です。
もしくは誰にでも当てはまる事を言い、当てに掛かります。
一般的に偽物占い師や偽物霊能者が頻繁に用います。
霊能者の言動に対しての相談者さんの反応を注意深く見ながら当たっているように見せ掛ける手法もあります。

もはや笑い話ですが、私の実際にご相談者さんで「水子が憑いています」とどこぞの霊能者に言われ、
「いいえ私には居ません」と話した所、「あなたの母親の水子が来ました」と言われ、
「いいえ私の母は子供をおろした経験は無いそうですが」と言うと、「あなたのおばあさんの水子でしょう」などと言われたそうです。
水子昇天商法とでも言うべき、女性の相談者全員に「水子が憑いている」と言って除霊代を稼ぐ霊能者は多いので、
女性の方は特に気を付けて頂きたい。

実際はほとんど全ての場合は寺に水子供養に行けば水子は天に登りますし、
行かずに水子が憑いていたとしても害は一切有りません(でもすると生まれ変わる可能性が高いので水子供養は行って下さい)

外部リンクですが詳細はこちらです http://www.nazotoki.com/cold_reading.html

2.ホットリーディング
テレビでスピリチュアルカウンセラーが有名人を鑑定するケースにおいて用いられていたとされるのが代表的な、
事前に得た情報を用いる手法です。

3.鑑定した著名人や社会的成功者の職業などを並べる
●●さんを鑑定した!と鑑定において自慢する方や、医者弁護士タレントにお客さんが居ます!と声高らかに宣伝する方は、
その方々の社会的地位や名声を背景に持っているという事で信頼性を増そうとしている方です。
霊能者であればその鑑定のクオリティにおいて良し悪しや正邪を判断して頂くのがプロというものです。

◆具体性を得ないアドバイスで煙に巻き、とにかく褒めに掛かる
スピリチュアルな言葉(ツインソウル・前世・守護霊・天使・ガイド様がどうこう・使命・学び・役割)で悩みの本題を煙に巻き、
話題をすり替え、あらゆる方向から褒めちぎり自尊心を煽り続ける手法です。
女性のスピリチュアルカウンセラーや自称霊能者に多く、鑑定後の気分は良いのですが結果的に何もアドバイスを貰えず、
最終的には何も占っていないために当たり外れ自体がなく、一切何も解決をしません。

◆ただの人生相談
「具体的な占いはせずに話を聞くだけ聞いて、本人の進みたい方向を見いだして後押しするだけ」という、
ただの人生相談な手法です。馬鹿げていますが、これらは『多くの電話占い会社や占いの館が推奨している』手法です。

もう少し酷いと、否定をせず同意同調を繰り返し、本人が思い描く最高の未来を「そうなります」と言い続ける方がみえます。
これはニュアンスは色々ありますが「寄り添い」と言われる占いでの会話手法で、
お金を頂戴して本人の妄想を肯定するだけの、水商売における営業じみた会話手法になります。

そして本物の霊能者は日本にごく少数しか居りませんが、電話占いやメール占いには大量に「霊能者」とやらが登録しています。
なぜか?これはただの一般人がトークの教育を受けて霊能者に仕立て上げられているからです。
なんだったらサイトによっては「メール占い」の向こう側の占い師は全員「元出会い系のサクラのアルバイト」だったりします。
ただの人生相談に不思議なコメントが付いただけのものには騙されないようにして頂きたい。

◆迫力のある男性霊能者が大きい声で説教
もはやテクニックでもなんでもありませんが、悩みを相談に行って悩みを打ち明けてから、
迫力のある自称霊能者がでかい声でワアワアと説教するだけ、というケースが有ります。
このケースでは人はおおいに恐縮してしまい、当たっているとか当たっていないとか以前に恐怖を感じて萎縮してしまい、言う事を聞いてしまうようです。

◆ただの教祖もどき
霊能者だと思って言ってみたら問題解決の方法に関しては誰に対しても先祖供養の話しかせず、
先祖供養の祈祷だ方法だを延々と言ってお金を巻き上げる先祖供養屋です。
Amazonお坊さん便という、ネットで注文するとお坊さんが来るといった斬新なネットサービスがあるそうですが、まだそっちの方がマシですよ。
更には、うちの御本尊に拝めとか教えがどうこうだとか言い出したら、それはもう霊能者ではなく宗教団体です。すぐに逃げましょう。

◆遠い未来の話しかしない
2年後は、3年後は、などと、当たりハズレが即座に分かるような「近未来(半月後・一ヶ月後など)」の話をしない方が居ます。
2年前に霊能者に言われたことを覚えている人は少なく、覚えていたとして外れていたとしても、時間があまりにも経ちすぎていたために溜飲は下がるでしょう。

◆自称霊能者、実はただの占い師
生年月日を聞いて本なりメモなりノートなり携帯を見て相性とか運命がこうなると言う自称霊能者が「多数」居ます。
それはただの四柱推命や九星気学による占いであって、霊能者の行うことではありません。
自称野球選手が「今から私が野球のボールを投げます」と言ってピッチングマシーンを持ってくるのと同じです。

例外としてタロットカードの場合は霊感タロット、易の場合は霊感易というのもありますので一概に偽物とは言えませんが、
それらの場合は「当たっているか当たっていないか」で判断するのが良いでしょう。

視る前に見易くするためにチューナーや鈴を鳴らすのは別として、霊感霊視というのは「道具無しに視る」ものです。
例外を除いて、特に四柱推命や算命学や九星気学やカバラ数秘術などを用いて「これは霊視です」と言い張る人間は霊能者ではありません。

◆◆◆偽物を見破る方法◆◆◆
中には本物の方もいらっしゃいますので、そういった方には若干の失礼になってしまう場合がありますが、
それを承知で本物か偽物かを見破る方法を書き記します。

◆会話の中で多くを語りすぎない
霊能者というのは、名前・年齢・性別だけで「これこれこういう人でこういう性格で~」と話せる人種です。
会話の中でノーヒントで正解を見い出すのが霊能者です。
ただ、鑑定が始まってすぐに「見て下さい 何が見えますか」といきなりぶん投げるような失礼な方になるのはやめましょう。
霊能者も人間なので、お話の流れである程度ヒントを絞って行くのがよろしいかと思います。

◆「覚えておくべき偽物の用いるテクニック」を使っているかどうか
上記の覚えておくべき偽物の用いるテクニックを用いていれば、偽物と判断するには黄色信号です。
複数用いていれば偽物と判断して良いと思われます。

◆◆◆本物の特徴◆◆◆
ウェブサイトにも書いてありますが、霊能者の働きは視る・変えるの二種類に分けられます。
残念ながら本物の霊能者=人格者というわけでもなく、どちらかと言えば偏屈な方が多いので、人格的指標なんてものはありません。ですから、単純に機能的に本物か偽物かを見るしかありません。

◆視る事ができる
霊感霊視により、当てる事ができるのであれば本物です。
今までの会話から推測できる内容でもない「突拍子もない正解」が複数その霊能者の口から出れば、
その人は本物である、と判断して良いかと思います。

ここらへんは当てた内容にもよりますが、例えば「彼氏は身体の病気を持っている」という事をズバリと言い当てた場合、
確率論的な判断ですが、30代中盤の彼氏に病気がある確率、というのはおそらく一般的には10%以下なはずです。
そのような突拍子もない正解が繰り返されれば、全てを正解する確率は0.00001%等の数字になり、
単純計算で99.99999%当たっているから本物であると言えるでしょう。もしくは0.00001%を当てずっぽうで完璧に言い当てたか、です。
その人の言う「未来がこうなる」という話や「こうしなさい」というアドバイスは聞くに値しますし、
逆に言えば守るべきアドバイスとなるはずです。

ただ、人間の未来は100%決定付けられているものではないために外れることもあります。
鑑定を受けたために未来がねじ曲がって外れる場合もあるため、人の現状や過去を100%当てられる霊能者だとしても、どう背伸びをしても100%未来を当てるということはできません。

◆変える事ができる
例えば除霊を行い、肩こりなどあからさまにその場で即体調が改善した場合は本物、という判断ができます。
ホッとするとかリラックスしたとか気分が変わった気がする、などの判断は心理的なもの(プラシーボ効果)の可能性がおおいにあります。
私が除霊する際は、体調不良がどこにあるかをお伺いした上で「今どれだけ悪いかを100%として覚えておいて下さい。全く気を遣わなくて良いので後で正直にどれだけ変わったのか教えて下さい。」と前置きした上で『全箇所0%を目指して』行います。

合格祈願などの祈願祈祷ではここらへんの証明をし辛いため「除霊します」「気功を施します」というケースで確認して下さい。
◆◆◆最後に◆◆◆
覚えておくべき偽物の用いるテクニック、偽物を見破る方法、本物の特徴の三点を解説致しましたが、いかがでしょうか。
霊能者の鑑定を受けた事がある方は、詳細まで思い出せるのでしたら「あの人は本物だろう」「あの人は偽物だろう」という判断がつくかと思います。

私の所属する電話占い業界では、98%の偽物とイマイチな本物をひたすらに渡り歩いて50人中1人という2%にたどり着き、そこに至るまでに車が買えるほどの金額を偽物のために浪費する方が多くみえ、その中で見当違いなアドバイスをされたせいで人生を滅茶苦茶にされる方もいらっしゃいます。

これらの判断基準を用いて偽物を排除し本物を選びぬく事で、ぜひとも本物の霊能者の本物の鑑定を受けて頂きたい。
それにより、この記事が間接的にどこかの誰かの良き人生への助けとなる事を望みます。

皇導<コウドウ>

二代目霊能力者としての生い立ち

私の能力は亡き父より授かったものなのですが、その父について。

父は元はただの人でありました。
神社の家系でも無く、その血筋に不思議な能力を持った人間は居りませんでした。

父は過去に臨死体験をし、心停止のさなか、神々しい光とともに神とおぼしき存在とお会いし「あなたに力を授けます」と言われたそうですが、当初はそれが何を意味するのか分からなかったと話します。

会社を経営していた父は当時テレビで実演されていた気功を頭の端に記憶していたようで、偏頭痛持ちの部下の女性に試しに手をかざしてみたところ、その痛みがたちどころに消えたそうです。
以来、会社の部下や女性陣を皮切りにその紹介につぐ紹介が老若男女問わず延々と繋がり、「ここの先生は気功で何でも治せるらしい」との話が広まり多くの方が押し寄せ、本業を圧迫するまでになったそうです。
それからというもの事務所を二分割し、経営者と気功師の二足のわらじで色々な方を治療していきました。

頭痛や肩こりや腰痛といった軽度の物から、男性のこぶし程も有るガンや30年間寝たきりの方の重度のリウマチまでの、思いつく限りのありとあらゆる病を、ことごとく神より授かりし気、「神気」によって完治させていきました。

その評判を聞きつけた某全国紙の編集者さんが当時開業していた東北地方まで取材に来られ、三種類の気を光の三原色のように調合し奇跡を起こす世界で三人しか居ない高次元の能力者だと某全国紙に書かれたそうです。

それ以来日本津々浦々から尋常ではない数のお客さんが押し寄せ、また更に多くの人々を救うべく「チャクラリーディングとチャクラ調整のプロフェッショナル」と、「取り憑いた霊や身体の異常を完全に視る透視能力者」を従え、その力を体系化しました。

またお客さんの中での「気が通りにくい人」には例外無く霊が付いている事も知り、
四国のとある真言密教の高僧より除霊の術を習い、全ての人の全てを治す現人神(あらひとがみ)と称され活動をしておりました。

二代目である私もまた、生まれながらにただの人でありました。
幽霊という物は一切信じず、見えないものは存在しないと考える子供でした。

私が小学生の折、父は霊能者として目覚めました。
その頃父は自宅で気を使ってスプーン曲げを実践しており、私も母も父に”気”を集めて行使する方法を習ってスプーン曲げをし、結果、家中のスプーンは曲げ戻しされ、首がヨレヨレのスプーンだらけでありました。
父が教えた人は皆これを実践出来たので、この時点では私もスプーン曲げは信じるけど”気”は一切信じない子供でした。

それから私が小学校高学年の頃でしょうか。
父の事務所が二分割され、気功師として本格的に活動を始めた頃。
文字通り長蛇の列を成す事務所に遊びに行ったり、出張で様々な場所の公民館へついて行き、お爺ちゃんお婆ちゃんを数十人単位で額に汗して次々となおして行く姿を見ていきました。

苦痛に顔を歪める方が一列に並び、順番ずつ1人30秒~1分ほどでベルトコンベア式に次々と笑顔になっていくという、よくよく考えれば異様な光景を今でも覚えています。
それでもその時の私は父の能力を信じておりませんでした。
身内に、父親に対する反抗心のような物が有ったのだと思います。

中学校に上がり、岐阜県瑞穂市へ移り住みました。
その頃から(今では幽霊がつくなど絶対にありえませんが)私には幽霊がガンガン憑くようになったようで、ダルい重いと感じたらすぐに父に取って貰ったり、体調が悪かったらとにかく父にやってもらえば風邪だろうが何だろうがすぐに治るという事を、疑いながらも実感しつつ有りました。

その時、初めての霊現象を体験しました。

その頃の私はギターを買ってもいないのに自分にギターの才能が有るのでは、と勘違いしており、中古で5000円のアコースティックギター(黒いカバー付き)を買い与えてもらい、1週間練習した所でスチール弦で指が痛いからと早々に挫折し、カバーに入れずに部屋の壁に乱雑に立て掛けておりました。
そのままギターを1週間放置したある日、夜中に眼を閉じながら起きると、身体が動かない事に気付きました。いわゆる金縛りです。

好奇心旺盛な私は金縛り状態を楽しんでいたわけですが、眼を開けた時に驚愕しました。
そこには豆電球のかすかな光に照らされた、オレンジ色の半袖短パンのサーファー風のお兄さんの全身が視えまして、首から上は私の視界に入らなかったもののこちらを凝視している事はなぜか強く分かり、「うーあー」うめいており、私は声も出せず恐怖に身を震わせた…という所で寝付いたのか記憶が止まっております。

翌朝、母の作る朝食を待っていると昨晩の事をふと思い出し、震えながら父に話しました。
ギターを持って来いと言うので父に渡すと1分程度で除霊を施し、私の両手に戻して言いました。
「前の持ち主が手放したくなかったものを無理矢理手放さざるをえない状況で手放して、それをお前が中古屋で選んだんだ。そのままちゃんと使い続けていれば彼は納得して成仏しただろうに、お前の扱いが悪いせいで「ちゃんと使えよ」という事で出てきたんだろう。もう成仏させたが反省しろよ。」と。

あれだけ恐ろしい経験をした事をこれだけ簡単そうに、文字通り朝飯前で解決した父は本物であり、凄いのだと。
幽霊とやらは存在して気というモノも存在するのだと、はじめてそこで理解することが出来ました。
それからの私は気や除霊に対して多大なる興味を発揮し、私は父に気や除霊の教えを請いました。
その中で気の補充の仕方とその使い方は教わったのですが、除霊に関しては素人の行使はリスクがあまりにも高過ぎて、最悪死に至るとしてその時は教えて貰うことはできませんでした。

霊能者や気功師のエネルギーワークや術を何度も受けたり、普段から能力者の近くに居る人間には何らかの能力が備わる、もしくは視える人の近くに居ると視えるようになる、というのは確かに有る事なのでしょう。

その時から私の眼には人の身体からは透明な湯気が、空気中にはテレビの砂嵐を薄めたようなノイズが、要するに「気」が常時視えるようになりました。
(プラーナとか霊気とかオーラとか呼び方は様々です)

そして高校へ入学します。
中学の折に車にぶつかり10m程吹き飛ばされてから記憶力が低く、学がなかった私はあまり良い高校へ進学出来ませんでした。
ただその高校には、私と同じように視える・使える生徒が私の知る限り10人は居りました(私は当時、全員本物だと感じていました)

霊が常時視えるため、祈祷済みの霊視封じの度なし眼鏡を掛けている数百年続く女系霊能者の家系の次期当主の女性、明確に常時霊視ができて幽霊が見えっぱなしの同級生、霊能者の祖母直伝の術が使えて集中すれば霊が視える不良気味の先輩。
強い弱いは置いておいて、今でも明らかに本物と言えるのはこの3人だけです。

父はその時の私に霊能力を教える事を避けておりましたので、彼等に様々な教えを請いながら、また、父が除霊をする時は壁に耳をあて呪文を聴き取りこっそりと記憶していました。
その中で眼を閉じれば瞼の裏に思い描いた方角の気を探れる(霊視の初歩ですね)という方法を思い付きから編み出し、高校の中で気が最も悪い場所を特定しました。

私はある日の放課後、上に書いた能力者のうち、常時霊視の同級生を連れて最も悪い場所である、とある空き教室へ突撃しようとしましたが、教室の手前15mで同級生が震え出し「ごめん、ここから先へは進めないんだ。本当にごめんね」と言われ逃げられました。
そのままでは面白くない私は(楽しもうという方がどうかしてるのですが)、霊能者の祖母を持つ頼れる不良気味の先輩と「とある空き教室」へ突撃しました。

教室は一見、黄昏時のオレンジに包まれた普通の空き教室ではありましたが、異様な雰囲気が漂っておりました。確かに中には入りたくない感覚を得ました。
先輩は「霊が居るから入るのはやめといた方が良いよ」と言いますが、私の歩みは止まりません。
教室の入口から6~7歩程進んだ辺りで、先輩に聞きました。
「幽霊どこにいるの?」と。

そこそこ!そこだよ!と先輩が指をさす所を目を細めたりピントを合わせたりして視ると「ノイズの集合体」が人の形を成していました。
ボウっと視えるそのノイズをよくよく見ると、黒く長い髪の毛があり、目のような黒いもやが二つ付いており、こちらをジッと見詰めている制服の女性である事が視えました。
念願叶って幽霊を直視出来た私は、先輩の言う通り幽霊に背中を見せずに目を背けずにあとずさりし、先輩に簡易的な破邪を施してもらい、大満足で教室を後にしました。

家に帰って嬉々として父に報告すると、私は大層怒られました。
どうやら霊の断片が憑いてきたようで除霊を施してもらい、更には私は抵抗したのですが霊視を司る第三の眼を潰され、数年間は霊視が出来ないよう施されました。

それから私は霊視ができなくなった事を悔しがり、今にして思えば大変愚かな行為でしたが、丑三つ時に近くの墓地へ行っては目を細めたりピントをズラしたり目を見開いたりしておりました。
しかし、いつまで経っても何も視える事は無く、また、健康な学生に囲まれながら
「気=病気を治すだけのもの」と考えていた私は力を行使する事なく、高校を卒業しました。

それから私は大学へ入り、一人の強力な霊能者と親友と言えるような関係になりました。
彼の話す力に関しての知識・解釈・概念もまた私の糧となり、その交友関係に触れた中で、多くの学生や知人友人を気で良くしていったりカウンセリングする機会に恵まれ、使えば使うほど天井無しに高まる(父には当時、遠く及びませんでしたが)自分の気を操作する力を実感し、父が1万回以上と感じてきたであろう「自分の力で誰かを幸せにする喜び」がいかに尊く素晴らしいものかを知る事が出来ました。

私が齢20の頃でしょうか。
その頃から私は父に再び教えを請い、今度は気ではなく「神気」を学びました。
同時に除霊の仕方もしっかりと教えて頂き、父と同じく「人に手をあてれば霊視が出来る」ようになりました。 (今では遠隔でも何でも余裕なのですが、この時はセカンドステップといったところでしょうか)

父に対しては霊もまた救いを求めて列をなし、霊視能力を一定以上高めると寝ている間幽霊が窓をコンコン叩いて「先生~助けて~」等と毎夜毎夜寝ても覚めても言われ、大変面倒だという事で「手をあてた時だけ霊視が出来る」という”条件付け”をし、霊視に関しては全力の10分の1以下の視え方にまでなるよう、相当な手加減をしていたようです。
私は第三の眼を潰された影響からその時は全力で霊視しようとしても「手をあてたら視える」事が限界でありました。

そんな折、親友の能力者と共通の友人であるとある女性が居りました。
とても良い子だったのですが、精神疾患で睡眠薬やら向精神薬やらの錠剤を大量に処方してもらっており、薬を溜め込んでは1シート飲み(いわゆるオーバードーズですね)、錯乱しながら自傷行為に走るといった事を繰り返していた子で、私に患部を見せ付けてきたり写真を自慢してきたりしておりました。
言葉で説得しても一切改善する素振りは有りませんでした。

彼女の家の玄関先にお邪魔する機会があり、ふと玄関から観えるゆるやかな螺旋階段に目を移すと、その時私には白いワンピースを着た優雅で儚げな姿の女性が一瞬ですが視えました。完全に悪霊そのものだと直感した私は、彼女にもまた霊障があり、それにより己を傷付ける行為に走るのだと理解しました。

父に相談すると「自殺した人の霊が憑いているのだろう」と話していました。
連れてこい、と話してくれた事を覚えておりますが、私は自分の力を試し、そして治したい気持ちが強かったので、彼女を連れてくる事は有りませんでした。
(連れてくる事で、父のことですから数分で治してしまう事は明白でしたが)

また、その友人に相談する中で一緒に除霊をして改善させるビジョンが視えましたので、ある日、結界を張ったある場所で取る事に致しました。
どのような姿形の霊が憑いていたのかは時間の経過とともにしっかりと思い出すことは出来ませんでしたが、いわゆる自殺霊の類が憑いていたと思います。
自殺霊とは、自殺をした方の霊で、強烈にネガティブな感情を取り憑いた方に流し込み、時間を掛けて融和し、自傷・自殺する方向へ導く霊の事です。

除霊中に彼女の身体が揺れたり感情が見える形で表に出たりと霊の抵抗反応も有りつつでしたが、その時は友人と二人の力で無事取り払う事ができました。
彼女のボウッとした表情もハッキリしたものに変わり、声のトーンも明るくなり、改善の兆しが強烈に視えました。

その後彼女と会うことは後述の1度しか無かったのですが、友人伝てでハガキにて、彼氏が出来て結婚して妊娠出産まで瞬く間に駆け足で幸せへの道を駆け上り、リストカットもあの日以来完全に卒業したようでした。

友人と共同の部分も有りましたが、彼女が私の最初のご相談者様でありました。

時は流れ、私は大学を出る際に一つの選択に対峙しました。
普通の人として生きるか、父のように霊能者として生きるのか。

当時の友人知人等にも思い切って相談をしてみましたが、誰にも理解されませんでした。
父や上に書いた能力者の友人にも話をしてみましたが、その道は身を削りつつも多くの人から理解されない、苦難苦闘しか無い道であるから、決して勧める事は出来ないと。

そうして悩み抜いた結果、大学を出た私は普通の人として生きる道を選択しました。
普通に会社へ就職し、普通に生きようと。
当時、その希望通りにとある会社へ就職致しました。

営業系の仕事だったのですが、入社3ヶ月目で社内の営業社員150名中トップの成績を上げました。
その時は先々の展望まで光に満ちているようで嬉しかったのを覚えていますが、さして特別な方法は取って居ないのにも関わらず、努力を積み重ねた方々を一足飛びに抜き去ってしまった事に対して、私は違和感を覚えました。

また、仕事の後の尋常ならざる疲労感から、1日必ず12時間以上眠らなければやっていけない事に対しても、何かがおかしいと感じていました。
そうして精一杯働きつつも違和感を感じていた私は、無意識のうちに霊能力を行使していたのでは、と感じました。

普通の人として歩もうと決意していたにも関わらず、この力は知らず知らずのうちに顔を出していました。
当時の営業成績は私の実力ではなく見えない力を用いた”ズル”ではないかと、結局の所、力を使う事からは逃れられないのだと感じました。

そこで私は、多かれ少なかれ力を使う事になるのであれば、より他者へ有意義な事に用いようと考えました。
そうしたある日に父に相談してみた所、父の抱えるご相談者様への施術の補助としてやってみないかとのお話を頂きました。
二つ返事でお願いし、互いに未練を抱きつつ会社を早々に退くと、昔には教わらなかった知識を得ながら、父の起こす幾つもの”奇跡”を目の当たりにしました。

そんなある日インターネット上の友人から事業の立ち上げメンバーとしてどうかと、お誘いを受けました。
スピリチュアルの一切関係無い仕事です。
自宅ベースでネット経由での作業で9割完結するとの事で始め、ここでも沢山の笑顔に出会いました。
狭い業界でしたが、結果的に立ち上げた事業が業界五位の事業として育ち、東京・大阪・名古屋・京都を行き来しながら忙しい日々を過ごし、父の補助として活動する事から少々フェードアウトしつつ、実世界の波に飲まれて行きました。

そしてある日、外出していた私に母親から連絡が入ります。父が事故にあったらしいと。たまたま父が運び込まれた大病院と同じ市内に居た私はすぐさま病院へ駆け付け、母とともに診察室へ飛び込み、俯いた医師と相対しました。
医師は言います。
トラックとの衝突事故により、恐らく即死でした、と。
私は頭が真っ白になり、夢だと疑う気持ちで、何度も何度も医師に尋ねました。
助からないのか、治せないのか、蘇生できないのか、何か方法は、医師は私の問いに、無力さを噛み締めたような表情を返します。

その後冷たくなった父と相対し、教わった気功を用いて蘇生を試みましたが、無論出来ませんでした。胸部圧迫骨折に伴う内臓破裂により即死、そんな物は関係無いと必死に、ただ必死に何度も力を用いました。けれども、無理でした。

私は己の無力さに、非力さに何度も泣き喚きました。
言い合うことも反発することも怒られることも何度も有りました。けれども親がただ生きている事とは、それだけで素晴らしい事なのだと、普段からもっと優しく密に接していれば、こんなに溢れるほど後悔しなかったのだと。

私は大切な父親の命さえ救えなかったこの力に、失望していました。
葬儀の際、沢山の父のご相談者様に参列して頂き、息子先生は継がないのかと言われました。
その時の私は、時期が来たらやります、と言って言葉を濁すしか有りませんでした。

それから暫くして、私は父の死から立ち直れずに居ました。
気力が沸かずに友人たちと興した事業を辞め、「入れば自分が変わるのでは」と、全国展開している某住宅メーカーに就職し、そこのお客様には過去の仕事と同じく「異常に良い反応」を頂戴しました。

その時期、日々私のもとに「助けて欲しい」と父のご相談者様からの連絡が絶えませんでした。
そこで私は一念発起し、休日を使い父のご相談者様とお会いする事に致しました。
その際一切名刺も作らず、活動するための名も決めずにお会いしました。
何組かの方をみるうち、全ての方が先代の大先生がいかに自分達の助けになっていたかという事と、私がそう遜色ない力を持っているという事をしきりに説かれました。

現に父が二十数年対面鑑定で見てきた1万数千人人のお客様の中でも最大級の霊媒体質の方も除霊できており、様々な心身の病へも対処出来ておりました。
それから私は住宅メーカーを辞し、再びまたこの世界へ足を踏み入れる覚悟を致しました。

父の直接のお客様やそのご紹介から連綿とご相談者様は増え、完全に二代目として名を継ぐことに致しました。
その中で私は様々な悩みや想いに出会い、この父から受け継いだ霊能力の可能性を、己の発揮しうる力の最大限を得るために、研鑽と検証と努力を重ねました。

その結果、祓う事と治す事と強化する事に特化した父に対し、私は父の分野は勿論の事、縁結びや祈願祈祷をはじめとしてあらゆる事象へと影響を及ぼせるよう、また、病気や霊障以外の「気持ちの繋がり」や、気の状態等への霊視も対面鑑定や遠隔での鑑定でも関係無く行えるようなり、世に多く存在する全ての悩みの解決や願望にお力添えできるようになりました。

その中で、より多くの方を救い導きたいという想いが強くなり、電話占いという1分300円程度で霊能者や占い師が携帯電話経由で鑑定するサービスの業界三指の大手に受かり、
約3年半で12,000件程度の鑑定を神気界の対面鑑定と同時並行にて行い、今に至ります。
この間、様々な霊能を持つ人達と出会い、別れを繰り返しながら、あるいは様々な案件と立ち向かい日々勉強させられながら、常に最善最短最速で最高の未来へ全てのご相談者様を導く事を目標に掲げ、霊視・術・祈願祈祷・霊能力に関しても膨大な数の研鑽と検証を重ね、霊能力者として桁違いの成長を遂げることが出来ました。

同様に、視るのに時間がかかり得られる情報量が少なかった霊視は半年前より急進化し、霊的高次存在による上からの声を聴きそれを伝える、霊能力者の用いる中でも最上位の霊視鑑定法「チャネリング」を会得しました。

最高の術と技と最高の霊視を手にし、より深く、より強く、より多く様々な悩みに対し対処できるようになり、以前より多くのご相談者様が希望されていた、私の当面の目標でもあった名古屋市への自宅兼事務所移転を果たしました。

これからこの地にて、私の全てを賭して行い続けるべき仕事である「霊能力者」を行い、そして全ての人の全ての悩みに触れ、その全てを解決出来るよう全力で鑑定していく所存です。

神気界 皇導