神気界で行う神気功による施術・整体術、精神改変術の紹介


皇導です。

当方は約15,000件あまりの鑑定実績の中で、日々高いスペックを目指し続けて参りました。
不可能に悩み、それを可能にする事を行い続けて参りました。

その結果、最初期は肩こり・頭痛程度にしか対処が出来なかった手を触れない対処「気功」もしくは「術」での対処が、現状までに医学に治療不可能な分野にも役立つようになってきた次第です。

今回は、実績として当方が大きな成果を感じたケースを下記に記載して参ります。

記事の文章については、薬機法(旧薬事法)というものが有り、これを霊能も守らなければなりませんので、現状、当ウェブサイトでは特に派手には記載しておりません。

そのため、例えば全くの別件でお越し頂いた上で、持病が癒やされた方が多くいらっしゃいます。

下記は日本語的には違和感がありますが、いわゆる「薬機法セーフ表現」で表記しております。
ご理解の程お願いいたします。

【追記】
一番上にある画像の額は、当方が生まれた時に先代の父がある高名な僧侶に依頼して作成して頂いた書になります。
「活路」と書いてあります。現在は当事務所の和室の壁に飾ってあります。

神気功による対処ケース紹介

“霊障ではない”肉体的症状に関して対処を行ったケースと精神的な症状に関して対処を行ったケースについて記載します。

肉体的症状に関しての対処

・ケースA

症状:てんかん発作の症状により、後天的に視野が医療機関での検査により、中央部より60%程度欠けていた

対処後:視野の欠けを特に感じない癒やされた状態になった

・ケースB

症状:難病の潰瘍性大腸炎の治療を長年受けており、酷い状態が続いていた

対処後:体感的な症状が一切無い癒やされた状態に。その後、自己判断で薬を飲まずいたところ、詳細な検査でも医師が「薬がよく効いていますね。問題はないようです」と回答。

・ケースC

症状:原因不明のジストニアにより、右手親指と人差し指に不随意運動(意図しない動作)が見られ、ペンや箸がほぼ持てない状態があった

対処後:94%、体感的に癒やされた状態があった。ペンが持てて違和感は少々あるものの、ほぼ問題がなく動作をしている状態になった

・ケースD(多数)

症状:手先のしびれが強くあり、常に気になっている状態があった

対処後:全て癒やされた状態になった

・ケースE

症状:事故により半身麻痺。介助無しで一切の歩行が無理な状態に

対処後:自力歩行可能な状態に癒やされた。諸問題はあるものの、半年後など時間をおいて再度お越しいただくようにお願いした

・ケースF(多数)

症状:花粉症が止まらない。薬を飲んでいない。

対処後:完全に癒やされた。体感的には何もない状態になっている。

所見:薬を飲んでおり、完全に花粉症が止まっている状態では対処が難しかった人が1名いらっしゃった。他、花粉症のケースは7例を癒やしてきている。

・ケースG

症状:ヘルニアがひどく、仕事中に地面にへたりこむ状態が有る。座っても痛いし、立っても痛い

対処後:重い物(10kg以上)を無理な姿勢で持ち上げる確認を行ったところ、痛みが発生しない状態に癒やされた

・ケースH

症状:テニスにより膝に水が溜まっており、正座はできず、とても痛い状態が続いている

対処後:体感的にほぼ9割癒やされている状態になった。→様子見をお願いした

・ケースI

症状:緑内障があり、晴れた日に外を見るとモヤが掛かっているように見える

対処後:体感的にほぼ完治。100%かは視覚的に見て取れず確証がないが、問題は無いようにみえる→様子見をお願いした

・ケースJ

症状:過剰にお手洗いに行く回数が多く、困っている。そのため、水分の摂取を本当に控えている。

対処後:鑑定中、20分に1回お手洗いに行っていた方に対処後、その後水分をキチンととって頂きながらも、120分お手洗いに行かなくても問題がない事を確認。その後、お帰りになられた。

・ケースK(多数)

症状:手首・膝をこれ以上に曲げると痛みが発生する

対処後:完全に癒やされた状態を確認。膝のケースはしゃがむ事が不可能な状態から、正座が可能な状態に癒やされたケースが多数

・ケースL

症状:右耳の聴力が左耳の30%~45%で、違和感が昔から続いている

対処後:右耳が左耳からすると85%程度の聴力に癒やされたと思うが「よくは分からない」とのことで、残りはまた別の用事でお越し頂くときにでも、というところでお帰りを頂いた

・ケースM

症状:指圧師を仕事にしており、いつも全力を尽くしているために、両手が職業病として常時すごい痛みを出すようになってしまったが、まだ同じ仕事を続けている

対処後:約94%癒やされた体感がある事を確認。しかし、あまり無理はしないように言い含める

・ケースN

症状:(電話経由にて、お会いしていないケース)腰が痛くて仕事にならない。どうにかならないだろうか。ヘルニアかすべり症だと思う。

対処後:100%全て癒やされた。驚いて混乱をされていた

・ケースO

症状:左肩関節が事故により亜脱臼(戻らない脱臼)をしており、左手の握力が右手の6割程度。器用さも非常に不器用になっているが、ここまで19年やってきた

対処後:亜脱臼はほぼ変わらなかったが、左手の握力が右手よりも強いという体感になった。器用さも文字が書けないことはない程度になり、動作がこんがらがる事が無くなった。

・ケースP

症状:アトピー性皮膚炎は治らないだろうか

所見:難易度が高く、直接的な対処は不可能な部類にあたる。現在研究中の分野のうち、具体的な目標としてアトピー性皮膚炎の完治は入っている。しかし、アトピー性皮膚炎の悪化は、そのかゆみから爪で引っ掻いてしまう事により起こる。かゆみを止める事は現状可能だが、どうだろうか。

対処後:かゆみが全て止まり、かく事はかゆみが無くてもクセで間違って行うものを除いては無くなった。その結果、状態はほどほどに癒やされた。

・ケースQ

症状:歩行がうまくできない。痛みとよく分からないが歩きにくさがある。

対処後:癒やされ、正常に歩行が出来ている事を確認。杖を捨てると言われていた

精神的な症状に関しての対処

続いて、は精神的な症状に関して対処を行ったケースについて記載します。

・ケースR

症状:単純にうつ病だが改善はするだろうか

対処後:体感的に問題が癒やされた。丁度良くポジティブに物事を捉えられるようになった。

・ケースS

症状:妄想を確信してしまうような統合失調症様症状が出ており、これの改善を行えるか

対処後:妄想の消失を体感し、癒やされた状態になった

・ケースT

症状:伴侶の死を目の前で見た事により、PTSDの診断が降りた。未だに症状は強い

対処後:フラッシュバック、思い出す事によるダメージのほぼ全てが癒やされた事を体感で確認。特に問題は無く、癒やされた状態があった。

・ケースU

症状:トラウマではないが、忘れなければならない人の事を忘れられずにずっと思い出してしまう

対処後:ほぼ完全に近い状態で、その人物像の事を無価値で無意味に感じるように癒やされた事を体感で確認

・ケースV

症状:常に混乱している精神状態を治せるか

対処後:信じられないほど混乱が収まり、癒やされた状態になった

・ケースW

症状:ヒステリーを治して欲しい

対処後:落ち着きが出て、諸々と問題が癒やされた。柔らかいマインドに癒やされた。その後、問題が癒やされた事をご報告にて確認。

・ケースX

症状:接客業をしている。仕事のお客さんが半分暴力のような形式で寄ってきた事が忘れられず、それ以降の他のお客さんに、寄り添えないで居て、本来の自分の良さが出ない

対処後:そのお客さんの顔や名前、詳細などをほぼ思い出せない形式に癒やされた。結果、その場での簡単な検証では全くの問題が出ない状態になった

・ケースY

症状:広汎性発達障害とLD(学習障害)を併発している子供を改善する事は可能か。強迫神経症様症状があり、手を洗い過ぎたり鍵の締め忘れが気になったり、という症状もある。それにかなり困っている部分が現状は大きい。

対処後:思考の中の制御しきれない部分が8割方癒やされた事を確認。極めて時間が掛かったのと労力が掛かった事を覚えていますが、強迫神経症様症状が癒やされた事を確認。体感で平時より7割程度は落ち着いた精神状態を本人が手に入れた事を確認。

・ケースZ

症状:人に騙された事がトラウマじみており、フラッシュバックと共に恨みが出てくる事が1日に数十回有る

対処後:一切の顔と名前を思い出すことができなくなる。結果、その場の体感では完全に癒やされた

——————————————————————-

以上が当方が癒やしてきたケースのうち、今さらっと思い出せる範囲のものです。

頭痛肩こり腰痛から、本当の難病指定を受けたケースまでをも対処して参りました。

神気功による施術および整体術に関して

ロジックは多数の企業秘密を内包しておりますので申し上げられない範囲もございます。

いわゆる神経・骨・筋肉・腱・体内の分析および解析をまず行い、その後に、解析結果を元にした正確で一切のリスクが無い対処を行います。

  • 初代皇導から伝承した上位気功「神気」
  • 複数の整体師の整体術
  • 東洋医学的な鍼治療
  • あんま・マッサージ治療のエッセンス
  • 気功で整体を行う施術師の術

これらの総和として、二代目皇導の「神気」はあります。

これだけのケースは有りますが、私の持論は「治りゃ何でも良い」です。
お医者さんに行って完治すれば最高ですし、それで治らなくてどこかの鍼治療やカイロで治れば素晴らしい事です。

どこで、なんの施術や対処を受けようが、結果として治ればどこでもなんでも良いのです。
別にそれは神気界ではなくても良い。

例えば花粉症の症状が有れば、薬を飲む程度で止まるのであれば、飲み続けていれば治っているのでとても良いと思います。

少々嫌でしょうが、頑張ってなにがしか手術を受けて完治すればそれはそれで大変に良いことかと思います。

ただあえて、望みをかける上で聞きたいことが他に有るのであれば、それは神気界でも良いのかなと思います。

そこで100%癒やされれば、それもまた素晴らしい事だと感じます。

法律上ウェブサイト上で堂々と広報しにくい部分になっているために、「治るなんて知らなかったし、そういった用事で来ていないのに治った!」という方が多くお見えです。

一応こっそりとこのコラムには対処改善ケースは書き記しておきますので、なにがしかの状態がある方は、「そういった事もできる」という前提でお越しいただければと思います。

精神改変術に関して

人間の身体構造の情報量を東京都23区と同じ面積(619 km²)とした場合、人間の脳とその中の精神構造の情報量は、地球の面積(510,100,000 km²)とそう変わらないほどの膨大な情報量になります。

人類は身体構造の解析を94%終えており、脳と精神の解析は1%~2%の解析を終えていると当方は考えます。

霊能者であるところの特殊な手段により、それらの解析を当方は行い、正確にノーリスクに対処を行う事が可能になりました。

持論を「治りゃ何でも良い」としている私ですが、精神的な症状の改善は、西洋医学的な「お医者さん」のアプローチで言えば、大変にリスキーで実効果が怪しいものであると考えます。

「治りゃ…治るのそれ?」というような感覚です。

神気界で成功した精神改変術の開発とは

上記の通り、人類は脳(精神構造)の解析を終えておりません。

それどころか、現代の心理学の基礎の一部を成しているユング心理学をご存知の方であればご存知かもしれませんが、

  • 因果関係が不明瞭な中で、ケースバイケースの海にパターンマッチをあてこもうとして、半分は失敗している
  • ほぼ不明な中を暗中模索して、混乱しながら治療をしている

というのが、精神医学の持つ本当の世界観と私は考えます。

数年前までに、「電話占い」というサービスにて電話鑑定を当方が行っていた時期には、精神的な病に侵された方からの依頼も数有った事を覚えております。

中には、「電話占い中毒で精神病院に入院中なんですが」と、「電話占い」に電話してくるご相談者様がいらっしゃいました。

その頃には肉体的な症状はある程度電話経由でも対処が出来ている鑑定士であったのですが、精神症状に実際の明確な効果をもたらす事は難しく、その頃よりこの精神改変術の開発は始まりました。

掘り下げれば掘り下げるほど、精神というのは海に近く、深淵広大だと感じるようになりましたが、ほぼ誰にでもある程度の素晴らしい効果をもたらすような術を開発する事に成功しております。

マイナスの状態をプラスマイナスゼロに戻すケースに関しては、正直に申し上げれば、明らかに重く、緩和する程度にしか癒せないケースもいくつかは存在しています。

しかし、対処能力はその中でも徐々に上がり続けている確証も有り、過去の不可能が可能になり続けているという事実が有ります。

お困りの方はご依頼をいただければ「成果が何ら一切なかった」とは言えない程度の対処は可能と自負しております。

思考加速術に関して

「精神改変術」は、主にマイナスをプラスマイナスゼロの状態に「戻す」事を意図とした術になり、現状は完成を待つ状態にあります。

ただ、同時期に開発をはじめた「思考加速術」と名称をつけている術は、簡易的に言うと「頭が良くなる術」としてここに完成しております。

「思考加速術」とは、

  • 89%の人に効果をもたらせる
  • 文章を読む速度が1.7倍~2.2倍程度上がる
  • 物を数える速度も同様に上がる
  • 上記2点で検証が可能
  • 学習速度と学習効率、記憶力と集中力が体感的に明らかに上がる

という夢のような術です。

詳細はまだ数カ月は言えませんが、なにがしかの物にその術を封入して、広く頒布をしていく事を行うべく、現在「術を宿すための物」制作を進めております。

直接的な対処が難しいケース

現在のところ、直接的な対処がかなり難しいケースを以下に記載します。

  • がん(研究中の分野のうち最大優先度のため、依頼がございましたら90分25,000円にて行います)
  • 表面的に触っても分からない腫瘍による病気
  • アトピー性皮膚炎
  • 視力回復
  • 脳腫瘍
  • 対処実績の無い臓器疾患のうち、多数
  • 脳萎縮
  • 痴呆症
  • 鑑定中に確認がし辛い精神疾患

主に、対処を行った際にその体感を確認しにくい件は、検証を行いながら対処精度を上げていく当方の働きが困難になるため、鑑定中に対処能力を進化させ続けていく働きがやや難しい傾向にあります。

最後に

当方は、不可能のない霊能者を目指しております。

いわゆる一般的な霊能者とは、あやふやな事を申し上げる生き物で、全てが出来る・全てが分かると言いながらも、全てが出来ず、全てが分からない生き物であると私は考えております。

その彼等を足下に置き、全てが出来る・全てが分かる霊能者を当方は目指し続けております。

当ウェブサイトにも書き記しておりますが、霊能者の働きは、「当てる」「変える」の二つに別れます。

「変える」の中には

  • 「結果を操作する」
  • 「状態を操作する」
  • 「治す」

の3つが内包されています。

本コラムは、そのうちの「治す」に関しての話になります。

人の人生をおとしめる物は、病です。
長引く病は、背中に張り付き続けるような不幸を与え続け、健康ではないという劣等感を引き出し、人格的な良さを奪い続ける、恐ろしいものだと私は考えます。

実際問題、霊的悪影響によるものが原因のものもあり、あるいはそうではない物も世の中には多数あります。

私は医学以外の全ての手段を用いて、「治りゃ何でも良い」を体現できる存在になるべく、日々検証と研鑽を続けております。

こと、曖昧で分かりづらい手段を取る事にはなりますが、今回のAからZまでのケースでもお分かり頂けるように、確かな現実を変え続けております。

これをご覧のご本人様でも、あるいはご家族でも友人知人であっても、ご理解がお有りでしたら、ぜひとも御力添えをさせて頂ければ、と思います。

<皇導>

【この記事もチェック!】