霊能者視点での、ぬいぐるみや人形などに宿る”生”について

皇導です。
今回はタイトルから想像されているよりは難しくない上、特にそこまで怖くはない話になります。


以前、私は空き家の中にあるとある人形を除霊してくれという案件を請け負いました。
この人形かと思って手にとった時に、人形の目が生き生きとして動いた事を覚えています。(ほんの少しトラウマです)


人形というのは、いわゆる日本だと身代わりとして用いられてきた経緯があります。
こと日本人は「災難」を忌避してきた事があります。
諸々の生活上の困難による死亡率が大昔は高く、ほぼ全ての病に治療法がなく、
越境をするのに山賊が出る場合があったりと、こと危険を忌み嫌い、安全を願う事を行ってきました。
それらの災い無く守られ続けますように、との願いを込めて子供に五月人形やお雛様、市松人形を送ったとされています。


近年になり、日本の各御家庭には当然のようにぬいぐるみが置かれるようになりました。
眠れない子供を寝かせ、あるいは大人でもこっそり枕元に人形が有ったりします。


海外に於いては、色々と言われていますが人形やぬいぐるみというのは全くの意味が無い物になります。
恐怖映画などにぬいぐるみが出てきて脅かしてきたり何だりとありますが、
それらは民話やおとぎ話に出てくるところから派生したファンタジーです。


日本では少し海外と勝手が違います。
いわば「日本ルール」というようなものが、この視えない霊的な世界には存在しています。
海外の霊は例えば肩こり頭痛腰痛などは起こせませんし、海外の塩はただの調味料ですし、海外に持ち込まれた日本酒はただのSAKEです。
日本では塩はお祓い(お清め)に使えますし、祝詞を読めば不信心な人でなければたちどころに清く周囲と本人が清まります。
日本酒を浴びるか飲むかをすれば清まり、神社の神様もご神使様もニッコリの清い人間になる次第です。


そこの土壌としての視えないルールの違いがこのお話の前提としてあります。




◇人形に意味を持ったらそこに念が宿る
大昔からは五月人形やお雛様に「美や願い」を意味として人は感じてきました。
近代ではぬいぐるみには人格を願って人は意味を感じてきました。
合計7~8日程度、その人形やぬいぐるみに対して人と同じように生きているという感覚を持ち続けると、その人形には”生(ショウ)”が宿ります。


◇”生(ショウ)”とは
この人形には生(ショウ)が入っているから塩漬けにして新聞紙に巻いて捨てろ、と私は父に言われた事があります。
私の部屋に置いてあった、何かのプライズの人形を捨てた覚えがあります。
「生が入っている」というのは、霊能者がよく使う業界用語の一つです。
生命力・意思に近いようなものがそこに宿っているというのです。


他に、古くからある考え方では、「付喪神(つくもがみ)」という考え方があります。
器物百年を経て付喪神へと転じる、つまりは「ナベやヤカンや生活用具的な(人の手によく触れる)物は、100年経つと中身に生命力が宿り、夜な夜などんちゃん騒ぎをしだすぞ」という話です。


結局、ぬいぐるみや人形に宿るのはその付喪神ではないのですが、
似たような生命が宿る、といった感じです。
知性は犬猫よりも低く、これ以上無く「こうしたいああしたい」の欲がない、おおむね無害の代物がその生です。
カブトムシぐらいの知性で、かつ、食う寝る遊ぶ増える等の生産的欲求が無く、害意も敵意も無いものが生と思って下さい。


なお、生がどこから来るのかは秘密です。
「人から発生したエネルギーの湯気みたいなものを極微量に食べる、知性の低い霊的な凄く弱い、かつお喋りな存在」という認識が正しいようです。


◇”生(ショウ)”の姿
無色透明、人によっては手をかざすとモヤモヤするような何かが”生”です。
これらは生きているとも言えるし、ふわふわと微妙に宿っているものの中や周辺を漂っている、とも言えるエネルギー体です。
存在しているメリットは微妙です。人形が「何か言いたそうな感じがする!」という、ふわっとした楽しさが加わるのかもしれません。
それプラス、人の無意識に微妙に何かを語り掛けてきます。
語り掛ける物事が何なのかはその個体によるため色々ですが、メリットに一応なるような語り掛けの場合はメリットであると言えます。
デメリットはこれもまた同じ理由で微妙です。その語り掛けてくる何かが人の悪感情を誘発するものであった場合、
人は暴走したりイライラしたりと、なんらか悪い状態を誘発される事になります。
要するに、その”生(ショウ)”の独り言に人はちょっと惑わされる、と言いますか。そんな感じです。
同じようなものだとパワーストーン(天珠以外の)があります。
これらは、例えばローズクオーツであればローズクオーツ、タイガーアイであればタイガーアイで、ルチルであれば何色だろうと針が何本だろうと、
全く同一の独り言を持ち主の無意識に語り掛ける石です。


人はそういった霊的な何かに無意識に話し掛けられると、大体信じ込んでしまったり、ふわっと参考にしたりしてしまいます。(ヒステリー的な感情を有している人以外)
そのため、生の独り言に耳を傾けて聞いてしまう事になります。


◇”生(ショウ)”の声
では何をその生は発言しているのでしょうか。
一応、ありとあらゆる人形は色々な所で見る機会があったのでパーセンテージで出してみます。
1.私(人形)ともっと居て欲しい 44%
2.眠かったら眠ったほうが良い 21%
3.芯から頭がおかしくなるほどに楽しんでいったほうが良い 17%
4.仕事に出なくても良いんじゃないかな 8%
5.死ねばもっと楽になる 4%
6.詳しく知れば知るほど頭が良い人になっていく 4%
7.人と遊んで良い思いをしてきた方が良い。お友達を大切にしてね 2%
これらがほぼ全てになります。人形の個体に一度宿った生は、一生そのままです。
そのため、発する声も切り替わりません。
(他、0.0001%、どれにも該当しない上に知性が凄まじく高い人形が日本には結構な数あるようですが、
 武家に伝わる市松人形とか、それこそ70年以上80年以上の品以外ではほぼありえないので、
 皆さんの家のぬいぐるみや市松人形や五月人形やらは、ほぼこの1~7のどれかだと思っていて下さい。)


このうち、どの生が宿った人形によって、デメリット・メリットは変わります。
宿る生はほぼランダム、持ち主によっても、人形の見た目によっても何ら意図的に変えていく事は出来ません。
1・2・3・6・7は、パートナーというよりお友達になり得る感じの生です。
そんなに悪いものではないし、ただ語るだけの存在です。
4番と5番が穏やかではないので、じゃあ全部捨てた方が良いのか!?というのは判断が早すぎると言えます。
下記に、その1~7もしくはどれでもなく宿っていないのかを測定する方法を記載します。


◇”生(ショウ)”の測定(最重要項目)
人には心の声というのがあります。脳内で声を発しているようなそれです。
それが淀む・流される・途切れさせられるかどうかで、その生の声が1~7もしくは無かを測定していくことができます。


人形を抱きかかえながら、もしくは自分の胸に優しく当てながら、以下の心の声を遮られるかどうかでこれは測定が可能です。
(心の中で、棒読みで結構です)


1.私(人形)ともっと居て欲しい 44%
胸に当て、心の声で「いつか人形供養にでも連れてって、お別れするしかない」


2.眠かったら眠ったほうが良い 21%
胸に当て、心の声で「起き続けて仕事やゲームとかをしなきゃダメだ」


3.芯から頭がおかしくなるほどに楽しんでいったほうが良い 17%
胸に当て、心の声で「ああ、何もかもつまらないし面白くもない。やる気もないし自分一人ですべきこともない」


4.仕事に出なくても良いんじゃないかな 8%
胸に当て、心の声で「仕事していっぱい遊ぶぞ!楽しい仕事をやっていくぞ!」


5.死ねばもっと楽になる 4%
胸に当て、心の声で「生きるぞ!楽しいぞ!活き活きしているぞ!楽をしていちゃダメだ!いっぱい頑張っていこう!」
+目で見て、ちょっと怖い印象があるのであれば100%


6.詳しく知れば知るほど頭が良い人になっていく 4%
胸に当て、心の声で「頭が悪くても別に何も問題はないし、知らなくても良いことが多い世の中だよね」


7.人と遊んで良い思いをしてきた方が良い。お友達を大切にしてね 2%
胸に当て、心の声で「●●さんとは会えなくても別に良いし、楽しくいられないし、友人とかお金掛かっちゃうし別に大事にしている意味もそんなにない」


8.以上のどれも途切れない→宿っていない事が考えられる。
 買ってから新しいか、あまり思い入れがないなら完全に正しい。そのうちに宿るのかもしれない。
 空気で膨らむ物と、目の形が角ばっている物にはほぼ宿らないため、そういう物なのかもしれない。
 その他、宿らない諸条件があるが、スーパードルフィーには宿るがガンダムには宿らない、等の微妙な違いがあり説明が困難。


以上です。
上記いずれかで「胸に押し当てている⇔胸に押し当てていないし手に持っていないし、体から80cm以上離している」の状態で、
思考が「止まる⇔止まらない」を繰り返すようでしたら、その人形は該当の発声をしている人形というのが分かります。


◆1~7番の人形の細かいメリット・デメリット
1.私(人形)ともっと居て欲しい 44%
メリット:時にその人形に依存して、ハイな精神状態を保つ事ができる。
デメリット:人形離れがしにくい。その人形がないと、その人形によるプラスの精神効果がない。


2.眠かったら眠ったほうが良い 21%
メリット:睡眠導入がまあまあできる
デメリット:無し。寝過ごさせるような事はしない。このタイプは夜にしか機能しない。
      夜勤だと少し寝起きが辛くなるのかもしれない


3.芯から頭がおかしくなるほどに楽しんでいったほうが良い 17%
メリット:ハイでアッパーな精神状態を作る事に目を見開いて頑張っていく。楽しい、明るい、面白い、そういった場に行きたがる自分を作る助けになる。
デメリット:頭が良い人間が持つと、やや幸福度重視で物事を大切にじっくり考えない傾向がちょこっと出る可能性が無きにしもあらず


4.仕事に出なくても良いんじゃないかな 8%
メリット:無
デメリット:非生産的になる。専業主婦であっても、一気にやる気が削げていく。これを持っていたら供養寺にぜひ。


5.死ねばもっと楽になる 4%
メリット:なんら無し
デメリット:最悪な想定をたまにして生きていくようになる。死ぬとまでは行かなくても、生き生きとしていく方が無駄だとは感じるようになる。


6.詳しく知れば知るほど頭が良い人になっていく 4%
メリット:知性を発揮して生きる事を重要視していきたくなる。怖がるような物事を解き明かし、怖くなくなるようにしていく
デメリット:知性が出れば生産性が上がるような人ならプラスだが、そうではない人ならマイナス。
      奇妙に無駄な知識を蓄えて、それを人に語って嫌がられるような人になるならマイナス。
      意味のある効果が出ない場合も人によってはあると言えばある


7.人と遊んで良い思いをしてきた方が良い。お友達を大切にしてね 2%
メリット:仕事とかそういった物を大切にして、それ以上に人との学びや人を交えた生活を重要視するようになり、生産性がほんのり上がる。
デメリット:無


以上です。
要は、4番と5番かどうかを測定して、4番か5番なら普段の生活圏から遠ざけて、人形供養寺に納めるべき、という事です。
5番は生とはいえ、生霊に近いような性質が出ているのであまりよろしくはない代物です。


◆人形供養はお寺へ
というわけで、上記の性質や4番や5番だったりした場合は、お寺へご供養をどうぞ。
私はそういったものは行っていませんので(あまりに恐怖しか感じない凄まじい人形であれば、一応ものにより価格が追加する可能性もありきでお引き受けはするかもしれませんが)


特に回し者ではありませんが、検索していて霊視をかけた上で、こちらが一番良さそうでしたので、
ダンボールにつめつめでこちらへぜひ。(有償のようですが、無碍にしない、心のある良いご供養をされているようです。)
http://shoryakuji.jp/memorialservice-doll.html


また、人形の処分は他の選択肢では、
・神社
・ゴミ箱
・焼却炉
とありますが、
神社はそもそも神様がそのような事をされません。もっと高位で有意義な事を成されるのが神社神道の大神様達です。
ゴミ袋はただの袋なので良いですが、ゴミ箱に入れた場合、人間を恨んで少し嫌がらせをしてくる可能性があります。これはノーです。
焼却炉は、視えない存在からしたらそれはもうサイコパスの所業になりますので、無しです。辞めて下さい。

以上となります。
特に本件に関しては質問を問い合わせではお受付致しません。
気になる方は、ご自身で測定してチェックしてみて下さい。
分からないが何か気になる、嫌な雰囲気の人形が~という事がありましたら、お寺の人形供養へ回して下さい。
私にこういったもので「あまりにも酷くはなく」依頼をされた場合は、「そんなんお寺の人形供養へやって下さい」と返信するのみです。
人形により、良いお友達として働いてくれますので、そのような人形は大切にしていって下さいね。
(大量に人形を保有している方は、しっかり入念にチェックをしていって下さいね)




皇導