霊能者がすすめる風水と霊視を取り入れたお部屋選び

皇導です。

先日、1月18日に引っ越しを終え事務所移転をさせて頂きましたが、それまでは数ヶ月単位で新居を検討して居た次第です。

当然ながら私の家選びの基準は霊能者でありますので、普通の方とは違う方向性です。

今回の移転では霊能者的な見方での家選びは最大優先でしたが、風水などそれ以外の要素も重要視いたしました。

風水に関して、そこまで詳しくはないのですがザックリと要点だけ説明していきます。

風水学と霊視によるお部屋選びの基準を解説

私は風水を信じております。

霊的な悪影響を受けている物件に関して言えば、北東や南西などの風水的な方角のやや近い場所に墓などがあるケースが多く、それこそが鬼門(北東)裏鬼門(南西)であることと、依頼者さんの家の水場の気の滞りが体調や霊的影響を招く場合が多いからです。

今回の記事では「風水学的サイド」「霊能者的サイド」と題しまして、風水学的な側面と霊能者的な側面の二方向からの選定基準を書き記しました。

前者の「風水学的サイド」に関してですが、そもそも風水というのは100点を目指すと家として間取りが破綻してしまうために、現代では80点を目指すべき物とされています。

マンション・アパートであれば「70点」がマックス評価かと思います。

家移りを検討中の方は、やや下記の基準に当てはまるお家を皆さんが探されると良いと思います。

これらの基準は東洋統計占術(気学・風水学・家相学・四柱推命・奇門遁甲などなど)から総合的に判断する人の言から拾っているため、厳密に言えば風水ではないのかもしれませんが、当たる人なのでぜひご参考に。

(そこまで詳しくなく、かなり大事な項目のみあります。)

なお、統計占術で言えば、生年月日>名前>家の優先順位として人は人生や運命を左右されるようです。

後者の「霊能者的サイド」に関しては、霊能者の視点からでなければ分からないことなので、これを参考にしたいようでしたら私に聞いて下さい。

風水学的サイドから視るお部屋選び

風水を取り入れた部屋選び

玄関は南or南東がベスト 北・北東・南西はアウト

一軒家の賃貸であれば参考にすべき項目です。

アパート・マンションは日当たりを重視するために「北玄関南ベランダ」が大抵なので、アパート・マンションで南か南東玄関にしようとすると、参照できる物件数がおおよそ95%減ります

ただ風水上、北玄関は最も「お金が溜まりにくく出やすい」方位であり、日が当たりづらく薄暗い方位らしいので、アパート・マンションであれば「北玄関」は多いのですが選ぶべきではないでしょう。

それ以外にも、下記にも書きますが鬼門(北東)・裏鬼門(南西)と言われる方角に玄関があるのは✕とされています。

大体玄関方位にランク付けをするのであればこんな感じです。

◎ 南東>南>東>西>北西>北>南西>北東 ✕

このランク付けには、

  • 南=日当たりが良い
  • 北=日当たりが悪い
  • 西=日が沈む方角
  • 東=日が昇る方角
  • 北東=鬼が来る方角
  • 南西=鬼が去る方角

という背景があるようです。

風水学的に方位が悪い場合の対処法

もしお住いの玄関の方位が悪い場合は、ある流派の風水では風水鏡・八卦鏡(はっけきょう)等の鏡を玄関先に置かれるとなんとかなるそうです。

免罪符的な効果があるとか。
元々の間取りの良さには負けますが、それでも対処としてはシンプルかつ多大な効果が得られる、らしいのです。

ただし、個人的には八卦鏡だけで免罪符的な効果が発生するというのはありえないと思っています。

霊能者系統の方が何らかをほどこした鏡であれば効果はあるかと思います。

すなわち空間の気を歪ませる効果を鏡に付与するという事なので難易度は高いですが、一応私もできます。鏡無しで。

忌み嫌うべき方角、鬼門(北東)・裏鬼門(南西)&水場について

上にもチラリと書きましたが、鬼門裏鬼門というのは忌むべき方角です。

北東から鬼が来て、南西に鬼が去ると昔から言われており、現実的な話で言えば、日本は北東からの風が作物に悪影響を及ぼし、南西から台風が来るという土壌であり、それもあって日本は「鬼門」「裏鬼門」は最悪な方角だ!という風土が芽生えたそうです。

特に北東南西の風呂トイレ台所は邪気が溜まって良くないと言われています。

現実的な話では、北東に風呂トイレがあると寒いのでヒートショック的な意味でに心臓に悪い、というところもあります。

ちなみに、風水的にはトイレの場所はどこにあっても凶と言われておりますので、唯一家の外にトイレを作るのが吉とされています。

昔の家が外にトイレを置いてあったのがここらへんが理由な部分もあるようですが、現代ではそこらへんはどうしようもない所なので、トイレは北東南西に無い方が良い、ぐらいで考えておいた方が良いでしょう。

(北にトイレがあるのもあまり良くないそうです)

台所に関しては、北東か南西にベタ付けな位置でなければ良いようで、対面キッチンのような形式であればまだ大丈夫かなと思います。

風水では水場はああしろこうしろここがいいどこがだめ、と色々言われる場所なので、お部屋選びの際には注視してみて下さい。

西の窓は少ない方が良い

家全体の西に窓や扉が多い場合は女性が病気になりやすいそうです。

西日=沈む日が入る場所なため、風水的にあまり良くないそうです。

アパート・マンション等であれば、隣接した部屋があるため西に窓がないケースも多いと思います。

北玄関は諦めるとして、ここらへんと水場の位置は気にされたほうが良いかと思います。

風水学的サイドまとめ

  • 玄関は ◎ 南東>南>東>西>北西>北>南西>北東 ✕ の順番で良い
  • 北東・南西に水場(風呂・トイレ・キッチン)は良くない!
  • 西に窓や扉があまりない方が良い!全くなければもっと良い!

詳しくは風水本を参照して欲しいところですが、流派によって言っていることが真逆だったりしますので、とりあえず上記を参考にしてお好みの家を選ぶぐらいが丁度いいと私は考えます。

プロであれば、例えば新築であればこれから建てるカーポートの位置を家の中心からどちらにズラした方が吉、家の中心よりも西寄りに風呂場があったほうが吉、みたいな細かい部分まで分かるようなので、気にされる方はその道のプロへぜひ。

ご心配でしたら、その道のトッププロをご紹介できます。お問い合わせ下さい。

霊能者的サイドから視るお部屋選び

霊視を取り入れた部屋選び

家の波動

ここのところ住宅情報サイトで数百軒と物件を霊視しているのですが、家によってバイブレーション?波動?次元?が全く違う事に気付きました。

(便宜上「波動」と言っておきます)

このままでは難しすぎるため解説すると、例えば人で言えば、景気が良く物事に動じず高いステージの精神状態を保っているノリにノッていて、良く分からないけどオーラがあって目立つ人が「波動が高い人」みたいなもので、
ああもうだめだ終わりだと嘆きながらフラフラしている人が「波動が低い人」として、家にもその高い低いが存在する事に気付きました。

ここでは波動=エネルギーのステージ、みたいなものと解釈して頂ければ良いかなと思います。

人間、普通であれば1日10時間は在宅中になりますので、家や土地の波動の影響は否応なく受けます
朱に交われば赤くなります。

波動を霊能者以外が判定する方法はほとんど有りませんが、強いて言えば家の外や旅行先では気分や体調がとんでもなく優れるのに家では体調が優れないケース、この場合は出先と家を比べた時に家の波動が低い事が予想されます。

この波動を上げるには、まず原因としてマイナスの霊的影響(悪霊・邪気など)が存在すれば排除する事

それらが無ければ方法論は限られ、水回りの徹底的な掃除と家の外の草むしりやベランダの清掃ぐらいになります。

しかしそれらの方法は、その家と土地の総和としての波動を100%に戻す方法であり、元々の家と土地の波動が悪ければ「100点満点中50点の家の波動が20点になっていたのを50点に戻す」事でしかありません。

この理論での家の選定は、霊能者に聞いた方がより確実でしょう。

家のエネルギー

風水は元々、目に見えない気の流れを統計的に読み解き、それをコントロールすることで福を招き財をもたらし災いを退ける事を目的としています。

比べて、霊能者であれば気の流れぐらいは朝飯前に視れるのが当然であり、私を含めてごく一部の方は遠隔であれ直接であれ、良いエネルギーを創り出したり浄化したり祓ったり操作したりはできますので、そういった形での対処は可能です。

その対処を行ったとして「100点満点中50点の家の波動を100点にしてもいずれ50点に戻る」という状況にしかなりえないので、長期間高い状態を維持したいのであれば、家相以外のところでの風水にややこだわってみたり、掃除を高いレベルでし続けるしか無いでしょう。

土地の属性

人にも家にも属性みたいなものがあります。

人間であれば、

  • 人を調和させるひと
  • 人の仕事を成長させるひと
  • 人を導くひと
  • 場所を提供するひと

このように様々な性質や属性があります。

この属性が悪い方向の人はほとんどいないようですから、適職のヒントにもなりえます。

(これを私が視るのはかなり時間が掛かりますが、誰でも霊視可能です。)

土地においては人と違って良い性質の土地や悪い性質の土地がまばらに入り混じっており、土地自体が良いか悪いかの割合はそれこそ半々ぐらいです。

仕事に好影響悪影響、人間関係に好影響悪影響、中には極めて良い土地や極めて悪い土地もありまちまちです。

悪い土地では悪いことが起きる傾向が強く、良い土地では良いことが起きる傾向が強く出ます

この属性はマンションなどで5階以上の場合は影響が薄くなり、15階以上ではほとんど影響を受けませんので、マンションなどの高層階にお住まいの方は大体の影響はプラスマイナスゼロです。

ご自身の住む土地がどうなのか、家移りをする場所がどうなのか聞きたい方は仰って下さい。

なんか埋まってる

よくありますが、論外のパターンです。

家相だ風水だとかを超越して、土地に骨とかヤバイ壺とか箱とかが埋まっているであろうパターンです。

この場合、家の住人に等しく酷いレベルの心身不調が出るパターンが多いと記憶しています。

この場合、属性うんぬんではなくもう土地自体を封印するしかありません。

やや大規模な施術になりますが、霊能者では「大技」として可能とする方が多いかと思います。

値段はまちまちですが、だいたい凄い事になります。

賃貸なら引っ越しをする事が最優先になるかと思います。

鬼門裏鬼門に危なげな施設は✕

自分の家のせいじゃないのに霊的な被害にあっているケースです。

新興宗教団体・病院・墓が鬼門(北東)・裏鬼門(南西)もしくは隣接してあるとあまり良くないです。

新興宗教団体からは謎のエネルギーや念が、病院や墓からは邪気やら幽霊やらが飛び込んできます。

この場合の解決方法は土地の浄化や結界、悪影響を受け流したり反射したりする大規模な施術がいるケースになり、かなりややこしいです。

ちなみに鬼門(北東)に神社があるケースは守られるので◎です。

裏鬼門にあるケースも悪くないようです。

そのケースであればせっかくなので、よりご守護頂けるように参拝もぜひ

ですが鳥居の正面にある家は神の通り道を邪魔しているとして、その家自体が潰れやすいそうです。

鬼門封じや方位除けで対策

鬼門除け・鬼門封じ・方位除けというのが全国の一部の神社仏閣にて頒布(はんぷ)されております。

私の部屋の北東にも、和歌山県は熊野本宮大社の鬼門除けの木札が以前はありました。

これらを用いるのは大変有効であり、知らず知らずに災いを避ける効果が期待できます。

霊能者的サイドまとめ

  • 家の波動が高い場所に住むべし!霊能者しか分かりませんが…
  • 家のエネルギーを良くして良い状態で維持するには掃除すべし!
  • 土地の属性によって住む人の運気は代わる!
  • なんか埋まってたら大変!
  • 北東・南西に墓病院などがあると良くない!
  • 鬼門封じ・鬼門除けで対策すべし!

以上となります。
家というのは霊的にも東洋占術的にも「運命を決める」大変重要な要素です。

物件を探しの際はお声掛け下さい。
分かりやすく「☓△○◎花丸!」という基準でご説明致します。

追記:土地の良し悪しは歴史に影響される

また、土地に関して追記になりますが愛知県の土地は全体的には良い土地が多い傾向にあります。

名古屋市は都市部ゆえに土地に溜まっているものが多く、それらが汚泥のように鬱積した悪い土地も往々にして存在しています。

埋立地を除き、土地には歴史があります。1,000年、2,000年、そこで何が起こって誰が生きて誰が死んだのか、それが歴史です。

それらが積もった総和が土地の良し悪しです。詳しくお知りになりたい方はご鑑定へぜひ。

皇導<コウドウ>