霊的な疑問に答える!霊能者的一問一答~第二弾~

皇導と申します。
当方は実利実益を重んじるリアリストです。

霊能者がリアリスト、というのは鼻で笑われるかも知れませんが、いわゆるスピリチュアルのうち、当方が毛嫌いするのは「何も効果がないもの」です。

「何も効果をもたらせないグッズ」が世には溢れていますし、何も出来ない霊能者も世には溢れています。

決して、前世だ守護霊だという話に煙で巻かれてはいけない。
悩みがあればそれを正しく教えてくれるのが霊能でなけれなならないし、現実的な話をわかりやすく伝えていくのが霊能でなければならない。

それをポリシーとして、結果だけを見て仕事を致しております。

ゆえに、妄想や幻覚からなるスピリチュアリストとは意見が異なりますし、当方の見解はいつでもそれらの人間達とは異なります。

どちらが正義かは、当方にお越しの方にしかわからない事ではございますが、このブログでは、少なくとも「完全に正しい当方の見解」を書き記していく事に致しております。

事実として見て頂ければ、最も当方の意図した受け取り方となります。
面白味がないものも含まれるかも知れませんが、そのようなものです。

なお、リアリストの当方は神も仏も先祖も霊も存在していると断言します。
それが現実だからです。

まだ霊能が弱かった頃、そういった存在の実在を疑いながら仕事をし、幾度となく実在の証明を目の当たりにしました。
それらは確率や理数的な考えからは導き出せない事実です。

繰り返しますが、当方はリアリストです。
神も仏も先祖も霊も存在しています。

そんなリアリストな霊能者である私が霊的な疑問に答える「一問一答シリーズ」の第二弾をお送りします。

【一問一答の第一弾はコチラ】

Q.霊能者は寿命が短いと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

素晴らしい質問です。
霊能者と言わず、気功師スピリチュアリストのうち、優秀な人間に限った場合、平均的にはかなりの短命であると言わざるを得ません。

例えば気功師であれば、究極、ガンを治せる人は一切居ないわけではありません。
しかし、治して「しまった」場合は、その治してしまった術者の死が近づきます。
いわゆる術者の寿命に繋がるような健康を犠牲に人を治す事は可能です。

気功とは必ず一定のリスクを伴う術

気功というのは、いつだって「ミドルリスク・???リターン」です。
ハイリターンなのかローリターンなのかノーリターンなのかは、施術者の腕によります。

しかし、リスクは一定量存在しています。
いかにエネルギーソースを外から事実として持ってきたとしても、絶対に生命力や寿命はちぎり取って渡すのが気功です。

古くからある「互いが互いに健康になるエネルギーワーク・気功」とやらが多々ありますが、その団体の方々は、創始者含め早々にお亡くなりになられています。

何が健康になる、だ!と言ってしかるべきです。
健康にさせて不健康になると言って、行っていくべきではないのが気功です。

当方は霊能者・気功師を名乗っております。
事実としての気功を行っていた頃の名残で、悲しいかな2~3週間の寿命は既に削れています。

そして実を言えば、3年半前にいわゆる「気功」ではない「ノーリスク・超ハイリターン」な施術を生み出し、現在はそれのみを使用している次第です。
ゆえに、早逝する事はないかと思います。

霊能者も早逝する傾向にある

霊能者の場合は上記の気功的なニュアンスの施術を行うことが多々ありますので、その場合も早逝気味になります。

また、神道の神の逆鱗に触れるような働きをしている場合、具体的に言えば、「悪い方向に多くの人を導いている人間」は、社会悪になりますので、社会全体のために早く消えるべし、という所で早逝するケースもあります。

あるいは、不明な理由で視えない存在に「早逝させられる」ケースもあります。

私がこの仕事をしてきた中で聞いてきた話では、80歳を上回る霊能者ほぼ存在していません。
やれ40歳で、やれ55歳で、というのが数多く、それだけにこの仕事を行う上での最大の脅威は、早死しない事なのだと考えられます。

当方は早逝するロジックを把握はしています。
霊能者や気功師は本当に早死にがしやすいなあと感じます。
的を得た質問です。

Q.ツインソウルとソウルメイトの違いとは?

ツインソウルという話を、私は電話鑑定を行っていた昔に数多く聞きました。
なぜ数多く聞いたのかと言うと、他の霊能者が「あなたと彼氏はツインソウルよ!」と口を揃えて、ほぼ全ての人にツインソウルツインソウルとお題目のように言っていたからです。

ツインソウルとはなんぞやという話ですが、それは「魂的な生き別れの双子」とでも申しましょうか。
A子さんとB太郎さんが居て、お付き合いをしていると。
しかしA子さんの魂は魂Aの半分で、B太郎さんの魂はAのもう半分だというのです。

つまりは、私以外の霊能者は、「あなたの半分この魂の片割れが彼なのよ!!!」と、堂々と「魂半分量説」を唱えていたわけです。

電話占いでの「ツインソウル」論はただの時間の引き延ばし

相当に恋愛に関して深い悩みをお持ちの質問者様のような方が、電話占いというライトな占いに1分いくらを払われている段階で、それらの「霊能者かどうかも怪しい方々」の依頼主となっているわけです。

質問者様は彼らから「半分ゆえに引き合うのだ、上手くいくのだ」などと延々と説明を受けたとのことですが、しかし残念ながら、現実的な話を致します。

ツインソウルという単語が大好きな方々に問います。
本当に魂が半分で互いが惹かれ合うのでしたら、そもそも悩む必要もなければ占いなど必要ないのではないでしょうか?

本当にそんなにも猛烈な霊的理由によって惹かれ合っている人達は、悩みなどありません。
結婚して骨を埋めるまでのイメージが互いにあって、不幸にさせようとはしないはずですし、究極までにお互いを尊重し合っているはずです。
ツインソウルは悩まない。悩むはずがない。

そもそも魂が半分量しか無いというのは、存在としての虚弱です。
意味不明な風説を流布しているスピリチュアリストを、私は否定します。

確かに、「あなたたち同士は諸々の理由で特別な二人なのよ!!!」と言われて、悪い気はしません。
そして、その「諸々の理由」とやらをお客さんが観測することもできません。

ですから、1分240円~350円などの電話占い等でツインソウルと言われたら、「否定できない、証明のしようのない話で引き延ばしをされている」と考えて下さい。

【この記事もチェック!】

ソウルメイトは存在する

前世で一緒!二人でワンセットでした!という、「ソウルメイト」というのは、実は当方のお客様のお二人でご結婚済みの方々でお一組だけいらっしゃいます。

互いにとって互いが居なければならない存在だと、当方は思えます。
そして、何が有っても尊重し合う意思がありありとみえてきます。

このソウルメイト…というのはあれなので、「前世が一緒で今世も一緒パターンの方」は、まあ一応2,000人~3,000人に1人はありはするようです。

恋人同士パターンが代表的ですが、親友同士や夢を叶え合う人達に存在はしています。

おおむねその確率ですから、事実としてそれらに自分が当てはまるかは、大抵の場合はノーです。
いわゆる「ロマン」の類だと考えて頂ければと思います。

Q.自分でもできる簡単な気の整え方に関して

  1. 鼻か口から息を吸って(腹式呼吸でも肺呼吸でも良い)
  2. お腹に集中し、吸った息をお腹からゆっくり吹き出すイメージで
  3. 口からゆっくり息を吹いて出す

これを20回、鏡を見て分かるほど自分の顔色が変な時に行うと良いでしょう。

ノーリスク・超ハイリターンの技です。これだけで良いです。

寝る前に行うと、精神的なリラックスにも良いかも知れませんので、入眠がしやすいかもしれません。

Q.やっぱり病院って出やすいの?

人の感情の強さが激しくなる場所、かつ人の数が多い場所霊的悪存在が増える場所にはなります。

逆に、ホスピスや終末期病棟は少なかったり、耳鼻咽喉科は全然居なかったりします。

当然、精神科のクリニックやその病棟は、尋常ならざる数の悪存在がいます。

なぜか?幽霊のご飯は人の感情のみ、だからです。
食べ放題のところに居続けるに決まっています。という理由です。

第三弾へ続く

一問一答シリーズですが、まだまだ続きます。

皇導

【一問一答の関連記事はコチラ】