性格診断テスト+思考加速アクセサリー(仮称)の内部理論の公開


#

 神気界 皇導です。
 思考加速アクセサリー(仮称)でございますが、現在テスター様を募集中になります。

 現在のところ7名の方からのご応募があり、うち6名の方にテストをして頂いております。
 残り13枠の応募枠がございますので、奮ってご応募下さい。(無料でご参加いただけます)
思考加速アクセサリー(仮称) テスター募集のお知らせ

現在のところのテスター様からのご報告

身に着けるだけで思考速度が上がるアクセサリー、思考加速アクセサリー(仮称)を開発中です。
現在、完成を控えた調整段階に入っております。その中でテスター様を募集して、フィードバックを頂戴しております。

現在のところの実測値や体感値を公開します。

◆Aさん:
テキストを読む速度が
・261秒→178秒で1.466倍の速度変化
・139秒→81秒で1.716倍の速度変化

◆Bさん:
仕事上でのチェック作業の速度
・Before:50分→ After:35分 (1.428倍)
数値が立体的に見えてサクサク進められた

◆Cさん:
読書速度が
・テスト1回目
8ページ:306秒(1ページ30.6秒)
10ページ:171秒(1ページ21.375秒)
(1.431倍)

・テスト2回目
6ページ:213秒(1ページ35.5秒)
7ページ:162秒(1ページ23.1秒)
(1.536倍)

◆Dさん:
読書速度:
単純に2倍速。

◆Eさん:
不明:
1.5倍くらい

◆Fさん:
速読のサイト「SP速読学院」「赤毛連盟」で計測
640文字/分→1629文字/分(2.542倍)

上記平均:1.702倍

 現在のところ、このような数字を頂戴しています。
 効果は出ているものの私の想定通りの結果とは言い難いところのため、現在1日も欠かさず術のアップデートに注力しています。

 現在まで、個人個人に最適化したいわゆる「オーダーメイドバージョン」を販売して参りましたが、これは3倍~6倍ほどの加速(体感と実際の時間計測値)が得られるようにチューニングして参りました。

 そこまでの速度は万人向けのこの商品では出せませんが、そこに少しでも近付けるように努力を行っております。ご期待下さい。

 現在までに、100人中98人に効果が出るかなというものを一旦は完成させましたが、100人中100人を目指して開発を全てリセットし、新たに1から作り直しております。
 極めて膨大な時間と労力を注ぎ込んでおります。今しばらく完成までお待ち下さい。

 (2020年7月~8月頃に発売予定かと思います。一応は現在、9月まで伸びる場合も想定しはじめておりますが、1日でも早く皆さんのもとにお届け出来るように鋭意努力を行なっています)

思考加速アクセサリー(仮称)の内部の術の理論について

 内部秘のつもりでしたが、私的なメモを兼ねて思考加速アクセサリー(仮称)の内部の術の理論を一部のみ公開を致します。

 そもそも思考加速アクセサリー(仮称)は1パターンのみの術で構成されておりましたが、それだと効果が出る・出ないの違いがあり、100人中100人、1000人中1000人に効果をもたらすものとしては足りません。

 そのため先日、22パターンの生産活動時の思考パターンを思考加速アクセサリー(仮称)に含まれた術が読み取り、持ち主の思考パターンに最適化した術を提供する事で、誰にでも一定以上の効果が出るようにアップデートを行いました。

 この「霊能力でのプログラミング」自体が当方の固有能力であり、他の霊能やスピリチュアリストに真似ができるものではありませんので、今回公開をする運びになりました。

テスターにご参加頂ければ、このコラムの内容が妄想ではない事はどなた様にもご理解頂けるかと思います。(おそらくですが)

生産活動時の思考パターン

 人の生産活動時(何かをやろうとした時)の思考のパターンは9タイプ(A・B・C・D・E・F・G・H・I) × プラスorマイナス (ABOAB式血液型×RH-+みたいな形式で)で分かれており、あとはイレギュラー(例外)が4パターンの、全22パターンに分かれています。

例えば思考パターンが「Gタイプ(7番目) マイナス」の方は、

・「帰宅する(落ち着く、寝る等)事を考えながら仕事をする、作業をする」=Gタイプ
・「マイナス」はGタイプのうち、そこに「逃げたさ」や「禁断症状が出る」タイプ

となります。

噛み砕いて言えば、頑張りながらも「落ち着きたい帰りたい寝たい、あーイライラするなー」となるタイプだと言えます。
 全体的に「後ろ向きながらも生産する」タイプだと言えます。

 このタイプの方はやや効果が出にくく、また本来の知性(思考速度)が高いタイプでもありますので、当方の予測で言えば、1.4倍~1.49倍の思考加速になるという試算が現状のものです(今後、このパターンであれば1.9倍の加速になるように仕上げていこうとしています)

『性格診断テスト』 「生産活動時の思考パターン」全22パターン

 下記は思考加速アクセサリー(仮称)に使用している人の思考パターンの分類に関る理論ですが、書き終えてから気付いたのですが、性格診断テストとして活用できそうな内容になってしまっていましたので、そのように見ていただいてもよろしいでしょう。

 以下の中で自分に最も当てはまると感じるものを2~3選んで頂き、リンク先の文章をご覧下さい。
 リンク先の文章が最も自分に当てはまっていると思われたものが、あなたの仕事や作業時・普段の全体的な思考パターンになります。

 また、よくある性格診断テストのような「誰にでも当てはまるじゃないか」という内容にならないよう、かなり個性がそれぞれ極めて分かれるように書いてみましたので、合っているか合っていないかも楽しんで頂ければ幸いです。

・私は最善の努力を常に行っている。
 良い人に恵まれている自覚もある。

  • →Aパターン【行動優先主義】
  • ・私は考え抜いた先にしか行動を行っていないと感じる。
     自分のことを理解しない人物が多いようにも思う。

  • →Bパターン【知識優先主義】
  • ・私は自分の顔が気になって仕方がない。
     また、笑顔にも服装にもかなり気を付けている。

  • →Cパターン【快活優先主義】
  • ・私は超がつくほどの趣味(動物以外)が大好きな人間だ。
     他のことに熱意はそんなに無いかなあ。

  • →Dパターン【興味至上主義】
  • ・私は「期待した通り」の物事になっていくために努力をしている。
     次はどうしようか、と考えることが、テキパキ仕事をしていくには必要だ。

  • →Eパターン【活路優先主義】
  • ・私は恋愛(or好きなキャラやアイドル等)以外どうでもよくて、
     いまいち他のことに関心がない

  • →Fパターン【恋愛脳】
  • ・私は仕事中より家に帰ってからが一番、
     美しく素晴らしい時間が過ごせていると感じている。
     仕事中に、家でどう過ごそうかをよく考えてもいる。

  • →Gパターン【休息至上主義】
  • ・私は人と人との感謝や気持ちのやり取りが大変重要なことであると思う。
     理解し合える関係の人は、相互にメリットや感謝を渡し合う人に違いない。

  • →Hパターン【メリット享受至上主義】
  • ・私は人に否定されないような行動を真剣にしていて、たくましい自覚がある。
     また、人に指をさされるような変は趣味は持っていない

  • →Iパターン【ストレス耐久系ソルジャー】
  • ◆上記に掛け合わさるプラスとマイナス
    ◇プラス:「やりたい」から仕事や生産的な活動をする思考の持ち主

    ◇マイナス:「逃げ」が許されない中で嫌々「逃げたいけどやっていく」、後ろ向きにだが進んでいくという思考の持ち主

    要は、「ぜひやりたい」で行動するのか「ほんとは嫌」で行動するのかの違いです。
    ・私は仕事自体は「ぜひやりたい」
    ・私は仕事は「ほんとは嫌」
    どちらに当てはまるかで、プラスかマイナスかは判別ができます。

    ◆下記はリンク先に詳細な情報は書いてありません。
     一旦落ちる思考の沼みたいなものが下記で、抜け出した先には上記の9パターン×プラスorマイナスが待っています。
    下記4項目のタップで全て同じリンク先へ飛びます。

    ・私は努力は報われずに、嫌なことばかりが起こると感じる。
     全てが無駄になるような現象は、よくあるに違いない。

  • →イレギュラーW
  • ・私は自殺したいが今は無理かもしれない。

  • →イレギュラーX
  • ・私は、私に危害が及ばないように入念に注意していて、単純に人や嫌な出来事が怖いからコソコソしている

  • →イレギュラーY
  • ・私は死にたいが自殺はしたくはない

  • →イレギュラーZ
  • Aパターン:【行動優先主義】

     マイナスの考え方が一切なく、闇雲に「やったら良いじゃん」で仕事・作業を行う。思考の淀みがなく、割と過度に明るい人格の人に多い。
     考えてから適切な行動をするというプロセスが無く、やる事に意味があるのか無いのかも考えたことがない。理性で考えず、ただ己を槍として行動していくだけのタイプ。

     ワーカーホリック(仕事中毒者)に見られがちで、気を抜いているタイミングがあまり見付からないように見られて心配されることもしばしばあるタイプである。

     リラックスタイム無く、本能で仕事をし続けられるタイプであり、他のタイプの人物は客観的に見ていてよくわからないため、仕事への姿勢や考え方、どのように生活しているのか、などの質問に高頻度であう場合が多く有る。

     『行動することが普通』である。後述のGパターンの人物とは、お互いに相容れない、最悪の相性だと言える。お互いに一定の距離を付けるか、どちらからでも逃げたほうが無難である。取っ組み合いのケンカになってもおかしくないほどの最悪の相性になる。
     真反対の考え方過ぎて「お互いが世界で一番嫌いな人物」になりうる。

     また、迷わずに習得して成長をしていく傾向があり、学歴が高い傾向がある。
     「なぜ勉強をするのか?」を考えるより「やるからやる」「やれるからやる」になっているからである。

    思考加速アクセサリー(仮称)により、1.4倍~1.8倍程度の加速を想定。

    Bパターン:【知識優先主義】

     詳しく知らないと本当は何もやってはいけないんだと考え、知識の取得を優先として生産活動をしていくタイプ。

     ネットで情報を漁るなどして、自分に否定的な言われようがないように知識で武装した上で行動をしていかないと失敗していくと考え、人にもその「知識優先」の考え方を押し付け、自分も「知識優先」で生きるというタイプ。

     本を読むにしても、「見て」→「気付いて+意味を考えて」→「納得するまで考えて」→「意味がわかって」→「覚える」のプロセスがあるため、早い遅いで言えば、遅い。

     かつ適当な、「困難が有ったとして後から帳尻合わせをすれば良いや」というロジックで行動をしない。
     テキパキさは無いが、見るからに優秀に仕事をしている人物によくこのBパターンが居る。

     人に窮屈な印象を与えるものの、知識があり役立つために、やたらと出番が多いタイプ。

    思考加速アクセサリー(仮称)により、1.8倍~1.9倍の加速を想定。

    Cパターン【快活優先主義】

     結果がどうか、早さがどうか、優秀かどうか、良いか悪いかどうかよりも、自分の姿があらゆる人から見て活き活きとしていて、やる気に満ち溢れているかどうかを重要視しているタイプ。

     要は、見えない鏡みたいなものに写している自己をチラ見して生きているタイプ。
    納得がいくまでメイク・髪型・体型を作る事ができ、一日中でも服を選んでいられるような「自己の見られ方」に意識がよく飛ぶ人に割と多いタイプになる。

     全てのパターンの中で最も思考速度が低い傾向にあるが、思考加速アクセサリー(仮称)で2.9倍以上の加速になる可能性を秘めているのがこのタイプになる。
     意味のない思考を「省く」機能が思考加速アクセサリー(仮称)には搭載されているために、職場で身に着ければ、機能特化の優秀な人間になれるかと思われる。

    思考加速アクセサリー(仮称)により2.5~約3倍~4倍弱の加速を想定。

    Dパターン【興味至上主義】

     「これが好き!」「これがいい!」が主な思考の方向性を占めており、今頑張ればそういった「興味があるもの」を可愛がることや、買うこと、お金を使うこと、活動する事ができるために、その「興味がある対象の何か」を見続けながらも、「ああ一応これもやるわ」で仕事や作業・行動をしていくタイプ。

     「興味がある対象の何か」に宇宙ほどの大きさを感じて、「対象の何か」以外を小さく見ていく。

     趣味の話にガンガン熱中できるタイプと、割と高レベルのオタクに多い印象がある。
    数限りなく興味があるものの「顔・姿・見た目」が部屋や空間にある事を好むので、趣味の部屋、みたいな空間を持っている人が多い。あるいは、壁一面に何かを貼ってあるなど。

     大体は視聴覚的な要素が趣味の対象であるから、それらを収集している傾向がある。

     生産性は「特別自分がやらなくても良い」「一人の人間として、一定以上はやる」「大変なことをやらされるのも、まあ味があって良いかも知れない」など、斜めから見て仕事をやっていくタイプになる。

     仕事をナメているわけではなく、巨大なる「愛する何か」と、極小なる「それ以外」という世界観の中で、いちいち小さな物に構っていられないのである。

     平均点をやや越えるぐらいのほどほどの優秀さ・仕事人を目指す傾向がある。

     ただ、歩合給の時に頑張りすぎて体を壊すタイプでもある。成果主義の仕事に就く場合このタイプは別人格のように振る舞い始めるが、結果が出なかった瞬間に燃え尽きる可能性もある。

     人から見て意味が分からない仕事人であるから、職場に理解者が出来ない可能性も多い。

    思考加速アクセサリー(仮称)により、1.4倍~1.6倍の加速を想定。
    そもそもがやることなすことに「極小の些事である」というレッテルを貼りがちなため、その極小の些事へのモチベーションの上げ方も知らないタイプになる。

    少し課題のパターンであるので、1.8倍以上の加速考えられるように今後アップデートしていきたい。

    Eパターン【活路優先主義】

     他者のアシストを優先的に行ってでも、結果として組織や自己の大きな課題を解決する最短ルートを辿ろうとするタイプ。

     「どうやって道を切り開こうか」「どう困難を打ち砕こうか」「やるべきことをやって結果が出ないのはなぜだ」「考え方が足りないんじゃないか」「意味がある行動しか行うべきではないんじゃないか」「現実的に考えて、こうすれば一旦はこうなる」「意味のあることを成していこう」と考えるタイプであり、目先や先々にあるハードルを越え、次の扉を一枚開いていく事に関心の大半があるタイプ。

     詳しく知る必要性があれば詳しく知る。生きながらえるために必要なことは全部やる。大変困難だった上で活躍した人物は何を持っているんだろう。などの、自己が活路を開くための思考に余念がない。

     「次にこうしていきたい」という考え方が、今手っ取り早くやっている仕事や作業の邪魔をしがちである。
     目の前のことをおろそかにして、やや未来志向過ぎてまずい事になる場合もある…ありがちである。

     簡単に言えば、Aという物事をやっている最中に、次にすべきB・C・DやL・M・Nぐらいの物事を考えて、とても気合を入れないと集中ができない事もしばしば有るような人物。

     会社経営者に多いパターンだが、空気が読めない人物にもなる。
    理論を越えるのは理想論だ!という考えのタイプ。
    目の前の物事の意味を考えるべきときに、近い未来にへ何のプラスがあるのかも考えてしまう。

     知性は抜群に高く優秀で、いわゆるお勉強適正が極めて高いタイプでも有り、高学歴になりがちであるが、人となりに怪しさがあり、優秀さと怪しさのバランスで、変人か天才かみたいな見られ方をする。

    「ヘボい上司」に当たった時に、嫉妬から叩き潰される場合もあり、優秀さとほどほどの困難がワンセットになっているとも言えるタイプである。

    社会人的な「立場(役職や部下)」ができれば、そこから先は優秀でいられるはずのタイプであるが、繰り返すがどのタイミングでも上の人間が「のさばっているタイプ」だと、叩き落とされがちになる。

    これに該当する人は、パワハラを受けた場合のしっぺ返しの手段を持っていたほうが良い。実行した場合にその後の活躍に支障をきたすかもしれないが、いつでも戦えるという気持ちで耐えに耐えて乗り越える事もできる。

    思考加速アクセサリー(仮称)により約2倍の加速を想定。

    Fパターン【恋愛脳】

     困難に打ち勝つ方法として、主に異性(架空の人物やキャラクターでも良い)に愛情を抱いて、そこにどっぷり没頭をする事で真剣に困難を見ないでいるタイプ。

     思春期にはこのタイプは異常に多いが、ここで書いているのは19歳以上の年齢の人に向けた話になる。19歳未満には他の項目しか当てはまらない。

    仕事中に携帯のコミュニケーションツール(LINE・Twitter等)を気にしていく事が、8時間のうちに70回~80回以上であればこのタイプかもしれない。

     他者(恋愛対象または憧れの対象)に依存して思考停止して、何が有っても大事の前の小事として押し切っていくタイプである。

     仕事や作業上に出る特徴は「こうすりゃ良いんでしょ」と決め付けて、適当にただその方向性でやっていく、というものになる。
     考えている、意味を理解している、理由がある、というものではない。

     これは、頭の中身を仕事(恋愛(憧れの対象)以外の他事)に取られたくないために起こる決め付けである。(PCであればメモリ使用量を喰われたくない、という言い方が適切)

     「あーーーー」と仕事をしていれば「あーできたー」となる仕事の適性は高い。また、指針を自分で決めない仕事には適している。迷わずルーティンワークを行い、レベルアップはしないものの一定の速度で生産をし続けていく事が出来る。

     また、人間関係にそれほどに迷わない。嫌味を言われても気付かない。パワハラにもかなり強い。意に介していないからである。

     人の話を聞いていない事が多いものの、(恋愛以外でも)悩み事に関しては極めて親身になって聞いてくれる傾向が強い。

     あとは恋愛の状態の善し悪しによって思考のパターンが4パターンぐらいに変わるので、一定の基準は上記以外には無いので、書きようがない。

    (一方的に異性に連絡をし続けている場合はこのタイプではありがちです。キャッチボールで相手に一方的にボールを投げ続ける人が居ますでしょうか?このタイプが恋愛で失敗するケースは84%~93%が、適度な距離感を保てずに自分から突撃し続ける(or相手に連絡や会う頻度などを強いすぎる)事によるものになります。恋愛相談も承っている霊能者からの重要なアドバイスです)

    思考加速アクセサリー(仮称)により、2.2倍~2.7倍程度の加速を想定。

    Gパターン【休息至上主義】

     帰宅する(落ち着く、寝る等)事を考えながら仕事をする、作業をするタイプ。
     死にものぐるいで仕事をした後に、死にものぐるいで休む事を自己に要求していくタイプでもある。

     究極言えばこのタイプは、リラックスしている時間こそが『普通』であり、何か行動を起こしている時、仕事をしている時、人を支えて頑張っている時、自分の意志を貫いて努力をしている時こそが『異常』だと考えてしまう。背伸びと言っても良い。

     『異常』を行なってしまったからには『普通』に戻す儀式が必要だと考えて、常に意識を「どう普通に持っていけば良いのだろうか」に回してしまっている。

     享楽主義、快楽主義、自堕落、あまり頭がよろしくない人にありがちなパターンでもあるが、逆に適材適所に居るのであれば「思考能力や発想力によって活躍する」人物にもなる。

     この2点が表裏一体であるため、極めて「社会」という居場所がリスクが高い(がリターンも高い)居場所でもある。また、「やりたくねえ」「辞めてえ」の欲求が多い(場合がよくある)が、そこの欲求に従ってしまうと、辞めてからの凄まじい後悔の念が押し寄せる事は間違いない。

     生産しない前提の自分がいて、生産している自分が嫌、でも息をして飯を食うためには仕方ないか、で生きているタイプであるとも言える。

     なお「デザイナー」「開発職」「プランナー」「リラックスする場を作る」「正直なコミュニケーションを元に、顔を合わせてお金を使わせる」「過度に休息をとった後に爆発的に限界を越えて働く」「自分にしか出来ない仕事をする」「辞めたら失墜するような立ち位置で、元気に働く」という仕事の場合には過度に凄まじい才能を発揮していくタイプでもある。
     
     要は、『異常』の時に『異常な結果を出す』『異常にやる』『異常な利益を出す』『異常なメリットを提供する』事がごく自然な事だと考えてしまうため、この部分が出る。

     暴れ馬だがよく走るタイプでもあり、適材適所に居るか居ないかで本当に人生が一変してしまうタイプにもなる。

     また、「リラックス」に関しては天才的な才能が例外なくあるため、良い時間を提供してくれる友人知人、恋人伴侶になりえる。
     「しない」「やらない」「もう嫌だからこうしよう」を限界まで成立させる、「無意味で有意義」な時間を作ることができるのがこのGパターンであるからだ。

    思考加速アクセサリー(仮称)により約1.4~2.5倍の加速を想定。

    Hパターン【メリット享受至上主義】

     笑う場合が多く、結果、激怒する事もある。感情の振り幅が喜>楽>怒の順に多く、哀は人に見せるため、ポーズで取る場合があるのみになる。

     このタイプは主に人と相対している時に、メリットが行き交っているという感覚を覚えている。

     また、人から見て「体たらく」に見えるし、「ヤキモチ焼き」にも見える。
     雰囲気的な「だらしなさ」が有る上に顔つきはヘラヘラとしているが、「自分の発言」に対する相手の反応はしっかりと覚えており、恩の売り買いや貸し借りにはかなりの記憶力を発揮するタイプである。

     「ありがとう」「助けてくれた」「やって『あげる』」「これをして『もらった』」その感謝と感情とメリットの行き交う事自体が人間関係であり、そうではない枠組みの考え方の人間が大嫌いになる。

     ビジネス上で究極の大成功を収めるタイプに多く(政治的なやり取りを人とする思考に行き着きやすく、コネの獲得に余念がないため)、また資産家になるケースも多々ある(様々な理由があり)。

     作業や仕事を行う時に、基本的にはまず「これにより何のメリットが有るのか?」「意味があってやらされてるのこれ?」「必死になってやって良いのこれ、気合い入れてやる意味があるの?これ」を考えがちになる。

     しかし普段から行うべき家事育児レベルになると「当たり前」として受け入れてかなり率先して行動的にテキパキとやるようになる傾向が強い。

     自分はどれだけでも人にしてあげられるし頑張れるが、「本気出してあげていいのか?その見返りは有るのか?利点は何だ?私が喜ぶようなお返し(言葉でも物でも何でも)はあるのだろうか?」と考える事が多い。

     「自分が100あげたのに2返してきて、返し終わったとして満足している人物」とか、「自分は色々考えて、気付いてあげて苦心してあげているのに、相手が一切そうしてくれない」とか、そういった恩を仇で返す感じのタイプの人間がかなり嫌い。

     メリットを与えてお返しがないパターンだけは本当に心の底から怒る。
     ただその怒りようが尋常ではないもので、気が触れるほど怒るような人物も居れば、何事もなかったのに急に全開でキレて叫ぶような人物もこのパターンには多く存在している。中には店員さんに文句も付ける人も居る。

     なにをもって100を受け取って、なにをもって「返してもらっていない」かはこのタイプの人物の自己判断でしかない。

     極端に言えば、1000円支払ったのに100円分のサービスじゃないか等の理由で怒る人物もいうる。誰からどう見てもそれが2000円分のサービスであったとしてもである。

     理性よりもルールが重要であり、ルールを守っているのが普通と考えている。ルールを守らない人が異常だと捉え、分かりやすく指摘したほうが良いとも考えるタイプである。

     「いくら貰っていくら分働いている」という本人の体感にもよるが、割と組織には忠誠心が有って、優秀に仕事をしている人物が多いパターンでも有る。
     給料が下がった場合に、劇的にモチベーションが下がって辞めるパターンはこの上なく多い。かつ、転職に失敗しがちなタイプでも有る。
     メリットを求め続けた結果、自分の価値を見誤るパターンによる。

     メリット・デメリットで人に文句をつけだすと悪い人に見られる場合も社会にはある、この点は注意が必要であり、あまり口を開かないほうが良い「うるさい」と思われがちな点である。

     作業・仕事では、自分に檄を飛ばしてガンガンやっていく事が特徴でよく見られる。
     気合が違う、文句を挟むすきもない、嫌な顔を一つしない、そうしたメリットに対するガッツが見られる事も特徴的である。

    思考加速アクセサリー(仮称)により約1.9~2.2倍の加速を想定。

    Iパターン【ストレス耐久系ソルジャー】

     大枠での思考は似ているが、狭い枠で言い表せるような一定の思考のパターンはない。
     やや上向きの精神性(考え方や性格・人格)を持つ。笑顔もよく出る人物が多い。

     自分からやった方が良い事はやる、こうしておいた方が問題が無いだろうという事はやる、普段からうるさい人間が「こうしたい」「こうしていないからダメだ」「こうしなければならなかったのにね」と言いそうな事はかなり積極的に先んじて行動して高いスペックを発揮していく。

     ストレス負荷が嫌いで、自分に掛かる精神的な負荷が気がかりで仕方ない。
    負荷は元気に活躍する自分には掛からないと考える傾向があり、バリバリ働き続けていく気が利く仕事人になっている人が多い。

     その実はストレス負荷が嫌いで逃げているだけなのだが、結果として行動力と高い優秀さにつながっているタイプになる。

     人に言われうる文句のパターンを分析解析して考え抜き、どうの言いようもない文句のないであろう選択肢を取り続けていく。

     「人が何も言ってこない一日が欲しい」人物であると言える。
    自分が活躍する事、働くことにプライドはあまりなく、また労働による清々しさのようなものはなく、「ああ仕事しているなあ」「仕事して満ち足りているなあ」という観念で、一定の高い水準の走り方を仕事において行なっていく。

     なお、意味のわからない趣味は持たない。一般的かつ、分かりやすくただ普通な趣味の人物が多くいると言える。
     他者が指摘して文句を言うようなものは、公私共に嫌だからだ。

     「犬が好き」「いちごが好き」「メロンが好き」とは言うが「アルマジロが好き」「高野豆腐が好き」「シュレッダーの音が好き」とは言わない。
     要は人に「なにそれ」「ダメ」「バカじゃないのか」「変だね」等の指摘を受けないものにセレクトセンスが向く。
    (変わりもの評価をされるのが嫌な場合が半数以上か)

     誰も馬鹿にしてこない物こそ、「心の底から好きな範囲」になり得る。

     ちなみにこの【ストレス耐久系ソルジャー】は、【知識優先主義】の人間が嫌いな場合が多い。考えに考え抜くタイプは、自分の情報を検討して不都合や不足を指摘してくる可能性があるからである。

     またストレスを嫌う割にストレス耐性は高く、1日8回~19回ほど文句を言われても平気である。翌日に持ち越すようなタイプでもない。
     クレーム対応にも向いているほど、精神的な強度は高い。

    上記に掛け合わさるプラスとマイナス

    ◇プラス:「やりたい」から仕事や生産的な活動をする思考の持ち主

    ◇マイナス:「逃げ」が許されない中で嫌々「逃げたいけどやっていく」、後ろ向きにだが進んでいくという思考の持ち主

    要は、「ぜひやりたい」で行動するのか「ほんとは嫌」で行動するのかの違いです。
    ・私は仕事自体は「ぜひやりたい」
    ・私は仕事は「ほんとは嫌」
    どちらに当てはまるかで、プラスかマイナスかは判別ができます。

    イレギュラーパターン

     上記およびプラスとマイナスに該当しないイレギュラー(例外的)思考パターンです。
     このパターンの持ち主は、「精神状態の極度の不調」に「行動をする」という要素が合わさって、「ネガティブだからこそやる」という、マイナスのエネルギーを燃料としている例外的なタイプになります。
     もしくは、「やらない」「やれない」にもなり得ます。

     A~Iパターンの人物だとしても主に精神的なダメージでこのイレギュラーパターンへ落ち、回復した場合にはこの「イレギュラーパターン」以外のA~Iパターンに復帰したりもします。

     いわゆる「一時的に病んでいる状態」だと考えて頂ければ分かりやすいかと思います。その場合、思考パターンが全てガラッと変わってしまうために記載してあります。

    ◇イレギュラーW:行動しても全てが瓦解してゼロになるが、行動しないと全てが瓦解してゼロになってしまうし、意味がないかも知れないがやる、というタイプ

    ◇イレギュラーX:自殺したいが今は無理だしいいや、という諦めの思考で行動していくタイプ

    ◇イレギュラーY:敵が今すぐそこまで来ている、危害が及ぼされる、という思考をエネルギーにして行動していくタイプ

    ◇イレギュラーZ:死にたいけど死にたくないからどうしようと迷いながら行動をしていく

    補足事項

    ・あくまで性格診断テスト地味たパーツを付け足しただけの当方の術に使用している理論のため、テストの内容の一切を信じるも信じないも、おまかせします。あくまで開発の副産物です。

    ・途中で思考ロジックが変わる場合が稀にあります。普通は2年~9年サイクルでは変わらないはずです。

    ・どこにも当てはまらない人がいれば、結構な割合で【ストレス耐久系ソルジャー】の可能性があります。
     内容を読んで当てはまっているかをもう一度ご確認下さい。

    ・当方の霊能者としての鑑定では特になんらこれらの人のパターン分けは使っておりません。15,000人とも、15,000通りの人格が有ると考えています。
     あくまで思考ロジックのパターン化が目的でこの22パターンはあります。

     が、他者(特に勝手知ったる家族や恋人)を分析する時にこのパターン分けを使った場合には、おそらく急に全員が理解できるようになるかと思います。
     円滑な人間関係の構築や、皆様の社会でのご活躍にぜひ活用して頂ければと思います。

    ・この内容は全てオリジナルです。一切他の文面を参照も参考にもしていません。
     転載は問題ないですが、ソースとして当方のウェブサイトのトップページへのURL[https://www.sinkikai.com]の記載とリンクを貼って頂けるようお願いします。

    ・この内容は心理学ではありません。当方には心理学の知識はありません。全てが霊視でお話をお伺いしている存在の言を元に作った記事です。

    これらの理論を活用して開発を進めています

     以上が全22パターンの人の思考パターンでした。
     全ての人に当てはまるような思考ロジックのパターン化が上記のように完了しており、それに合わせて22パターンの動作を思考加速アクセサリー(仮称)は行うようにしてあります。

     結果、誰もが2倍以上の加速感や測定した時の加速を得られるように完成する製品版ではなっていると思います。
     ご興味が有る方は、1ヶ月間のテスター募集をあと13名に限り行なっておりますので、ぜひこちらのコラムをご覧になり応募下さい。

    以上です。

    皇導