“偽者”のスピリチュアル占い師とその特徴、そして禁断の「霊能者話法」について



神気界 皇導です。
以前、このような記事を書きました。
霊能者が説く!本物の霊能者と偽物の霊能者の見分け方

全く今でも意見は変わりません。偽者は居ます。凄まじい数存在しています。
私は本物の霊能者として草の根活動を続け、彼等とは対を成す「結果・成果を出す」「具体的な内容を伝える」仕事を行い続けています。

一人でも多く、彼等の被害に遭う人を減らしていきたい。
その想いが強くあります。

若干の業界の暴露的な内容も含まれますが、もはや全部言ってしまえ、といったところで偽者の霊能者とその特徴、
そして禁断の「偽者霊能者話法」もお伝えします。きっと誰もご存じない内容です。

皆さんはこれを読んで、決して「偽者の霊能者」にならないようにして下さい。
「明るい詐欺師」みたいな破綻した存在が私の軽蔑する彼等なので、この上ないバチが当たります。

そしていま現在、この記事の内容に抵触する方に占い・セッションを依頼されている方は、今すぐにお辞め下さい。
その霊能者・スピリチュアル占い師は「極めてかなり怪しい存在」であると言えます。

霊能者とは

霊能者とは、「霊的に能う(あたう・可能である)者」を指す言葉です。

霊的な手段により「何でも良いので」可能な現実的なことがあれば、それは「霊能者」であると言えます。
具体的には、「当てる」「治す」「変える」の三種類の事ができるかです。当てるのであればノーヒントで言い当てる、治すのであれば身体に手を触れずに心身の状態を治す、変えるので、霊的な手段によってあれば現状や問題を解決し良い方向へと導く、という事が必須条件です。

この全てができる霊能者≒スピリチュアル占い師は、私の最新の(霊視&様々なところを調べた推定による)見解では日本には18人~19人ぐらいしか居ないのではないのか?と思います。
そのどれか一個でもできる人は、360人ぐらいは日本にいらっしゃるのかとは思います。

そのうち「治す」だけの気功師が340人ぐらい居るかと思います。
(首のハリがやわらいだ~(一時的に、2日間したら元に戻る)ぐらいの成果しか上げられない方が9割以上です。自らの短命と引き換えに一応医療と同時並行でステージ3ぐらいのガンを治せる、という人は日本に十人~十数人は居るみたいですが、虚しい話ですが、ある特定のごく一部のサプリメントより効果は有りません。)

彼等は霊的に治すことが可能な人間になりますので、一応霊能者という言葉の定義には当てはまります。

「当てる・変える」が霊的な手段によって可能である人、というのにも本当に凄まじいバラ付きがありますが、私は「ほぼ100%実用可能な霊感・霊視持ち」しか霊能者として認めていませんので、この定義に絞るのであれば霊能者・スピリチュアル占い師とは、真面目な話、ツチノコぐらいに珍しい存在になります。

私はツチノコの一人として、そう感じます。

偽者の霊能者・スピリチュアル占い師急増のワケ


霊能者・スピリチュアル占い師というのは世の中に今は1万4,000人弱ぐらい存在していると考えられます。

以前の私は1万人と言っていましたが、なぜ増えたのか。
それは、どうやら自宅でまあまあの収入が得られる事が広まってしまった事が理由になります。

また、後述の「偽者霊能者話法」が限りなく爆発的に業界の人間を汚染して、サービスの質が表面的に向上している事が理由であるように思えます。

怖い話ですが、電話占い中毒(占いジプシー)という単語が存在しており、様々な占い師をハードリピートして収入の大半を使ってしまったり、
あるいは借金まで背負ってしまったり、挙句の果てには手を付けてはならない家のお金にまで手を付けて占いにつぎ込む、という方々が世の中には多くいらっしゃいます。

私は電話占い師を行っていた5年ほど前、その酷い洗脳や地獄のような迷いに陥っていた人達を、
「占いなんて辞めて、うまいもんでも喰っていたほうがマシ!」ぐらいの勢いで諭し続けていました。

仕事について占ってもらうために、会社の資金をコンサルティング代で2000万ほど溶かした方や、
これは以前にも書きましたが家の触れてはいけないお金を内緒で占いに数百万使い込み、更には電話占い中毒の治療のために精神病院に家族に入れられ、
そしてなぜかその精神病院から私に電話してきた方が居て、「私は麻薬中毒者・パチンコ中毒と同じで脳が萎縮してるらしいんです」と説明をされた方がおられ、私がとんでもなく説得して電話占いも占いも辞めて治療に専念するよう完全に理解させ納得させたケース、なんてものも有りました。

全ては「初回20分無料」という入り口から始まっています。
パチンコ屋が「初回2000円分パチンコ玉無料」とやりだしたら、ああ、日本はほんの少し先の未来に崩壊してしまうんだと私は感じてしまう事でしょう。
劇的に危険、そして半端なく爆増中であるのが「偽者霊能者・スピリチュアル占い師市場」なのです。
それは今も無料という罠をニッコリ開いて、あなたの脳をパチンコ中毒者と同じ用に萎縮させようとしているのです。
脳が萎縮したくない人は今すぐに辞めて下さい。

ちなみに神気界は、もう一度助けて的な意味での「リピーター」を嫌います。
これは、一回目で解決できなかったというのが私にとってはこの上ない恥だからです。こういった御用向きの方がいらっしゃった場合、私は何日も自分の実力不足を見つめ直し、悩みます。

ここのところ、ありがたい事に私の実力が付いたのか、「解決していないからもう一度鑑定を行って欲しい」という依頼は覚えている範囲ではゼロになりました。
(心身の症状の改善を狙う、超高難易度での気功的な対処のケースを除く)

二度目三度目にお越しの方は、「解決したあとで向上するための鑑定をして欲しい」となってほしいのです。
以前からそういった意図でお越しいただくリピーターの方は数いらっしゃいましたが、こうしたポジティブなリピーターの方は現在も増えている状態があります。
主に結果・成果・数字が出やすく分かりやすい法人鑑定ではその傾向は強いように思えます。

法人鑑定以外であれば、「助かったありがとう!」で二度と来て下さらない方が私としても「悩みが人生から消えた」「悩まない人生になるための自分のためだけの考え方が手に入れられた」という成果が出せたとして喜ばしく思います。

リピーターとして数百万を使うより、一度で数万円で済むほうが遥かに良いわけです。
私はそのような霊能者を願い、なることが叶いました。

コールドリーディング・ホットリーディングはもう古い!?禁断の「偽者霊能者話法」について


始めに言っておきますが、この項目のうち「偽者霊能者話法」手法を悪用すると本人はおろか三代先の子孫まで人生が大変なことになりますので、そこの点をご承知下さい。
「覚えておくべき偽者霊能者の用いるテクニック」
ここにコールドリーディングとホットリーディングについては記載してあります。

コールドリーディングはちょっと目がいい人で少しの大胆さがあれば簡単に使えます(私は毛嫌いしているので使いませんし、使ったことは一度たりともありません)
例えば、相手がどんな飲食店に行きたいのかを当てる事ができます。

あなた「どんなご飯が食べたいのか言い当ててあげようか?」
友人「え?本当?」
あなた「あなたが食べたいのは…イタリアン・・・ではなくて、和食っていうのも・・・ちょっと・・・ううん、天ぷら・・・いえ、寿司・・・寿司ね?」
友人「え!?なんで分かったの?」

のようなやり取りが可能です。
眼の動揺を見ながら、色んな単語を迷っているかのように見せかけて並べていくだけです。
発言後に相手の眼球運動が大きい単語は「ビンゴ」です。
要は、イタリアン→NO 和食→YES 天ぷら→NO 寿司→YES という確認をしているだけです。
「アキネイター」という、質問に答えていくと頭の中で思い浮かべている人物が当てられるサービスがありますが、それと当てる手法は全く同じです。

これがコールドリーディングです。今や占い師界隈には、幼稚園児でも使えるような必須スキルとして広まっている次第です。
これが上手い人が超一流と言われるような時代が大体8年前まではありました。
もう皆さん、これは古い手法なので騙されないようにして下さい。ちなみに電話占いではこの手の手法は「声でやり取りをするので」使いにくいため、
ホットリーディングという手法が使われます。会話の内容を繋ぎ合わせたり、さも当然かのように誰にでも当てはまる事を言ったりする手法です。
このコールドとホットを使いこなしてやっと二流の占い師、といった時代があったようです。

違うところで勝負して欲しいものですね。

これは最早、使い古された手法です。
次々に様々な人を脳の萎縮へと叩き込んでいく恐ろしい偽者霊能者・スピリチュアル占い師は、今はもう各電話占い会社のマニュアルによりそのような事は致しません。
オウム真理教が昔使っていたような強力な手法に近い、洗脳手法が使われているのです。

“外れを無くす”禁断の「偽者霊能者話法」とは

驚異の方法論なので、悪用はしないで下さい。するのであれば、想像を絶する災いが具体的に降り掛かります。
それによって人生が凄まじい勢いで失墜することでしょう。

さて、「偽者霊能者」「スピリチュアル占い師」は、”当たる” “当たらない”という土台では勝負しません。
なんなら巧妙な心理学手法や不思議な話での話題逸らしを行うことによって、非常に「当たり外れの無いトーク」に終止する事で、その的中率を考えさせません。

◇ケース例
——
お客さん:今付き合っている彼氏と結婚できますか?

偽者の霊能者:彼氏の守護霊様はあなたとのご縁に大変喜ばれていて、結婚をして欲しいと仰っていますよ。私もそうなったほうが良いと感じています。ツインソウルによってあなたたちは結ばれていますし、前世も一緒でした。だからきっとあなたのガイド様や守護天使様が導いてくださって、良い結果になるようにして下さいますよ。

お客さん:え!?一緒になれるんですか!?

偽者の霊能者:(ニコニコ)
——

そして上記の例で上手く行かなかった場合、

——
お客さん:結婚できるどころか別れたんですケド・・・

偽者の霊能者:彼氏の守護霊様はとても残念がっています!あなたが一番いいと仰っていたのに、こんな結果になるなんて嫌だと仰っています!私もいきなりこんな事になって、怒っています!きっと悪魔の仕業だわ!でもツインソウルによって結ばれたあなたたちは心が確かにつながっていますし、前世も一緒でしたから、あなたのガイド様や守護天使様が導いてくださって、きっと再び二人が巡り合う日が来ますわ!ご祈願しておきましょう!!

お客さん:え!?そうなんですか?なら早くしてほしいです!

偽者の霊能者:今彼氏の守護霊様はとても努力されて一緒になるように動かれていますわ!それを信じることしか私たちにはできませんけど、きっと良い結果をもたらして下さるに違いありません!一緒に頑張っていきましょうね!

お客さん:はい!

~二年経過~
—–
のような話です。

当たる・当たらないの土俵で勝負しないのと、希望をいたずらに煽って、更に何も言い当てないわけです。
不思議なものを私は知っている、私にはあなたには分からないものが全てわかっている、という風潮の話で、「知りたい」「そうなんだ」「そういったものが視えるんだ」「すごい」とさせます。
これは結局、ほぼオウム真理教の手法に近くあります。
(私はオウム真理教のニュースが衝撃的だった世代なので、印象深いだけで若干の知識しかありませんが)

例えばオウムなら「タットバジュース」とか「ガイア救済するぞ」とか、まず意味の分からないことを言うわけです。
そこに、「興味」と「知識の深さ」を感じさせます。「知ることで利益がある、メリットが強い」と匂わせた場合、「当たる・当たらない」「本物かそうじゃないか」なんてものは関係なくなるわけです。

皆さんは学校の先生が授業で教えてくれる事を「間違った内容じゃないのか」といって聞く耳を持たなかった記憶はあまり無いでしょう。
「知識がある人間が教える」「知識がない人間が教わる」という構図ができてしまった時に、「合っているか」「合っていないか」などというものは既にもうどうでも良くなってしまうのです。

ただ口を開けて、その「教える人」が垂れ流す知識を受け取っていく他に選択肢は何もなくなるのです。
これは強烈な心理手法のその最たるもので、要は洗脳手法なのです。

私から言わせれば、「偽者霊能者・スピリチュアル占い師がオウム化している」と言わざるを得ません。
これはもう繰り返しますが、脳の萎縮まっしぐらの世界観なのです。

今すぐそういう意味不明な世界についてべらべら語って現実を見ていない偽者霊能者・スピリチュアリストから逃げた方が良い。

本物の霊能者は全員現実に即した話をします。これだけは絶対に間違いないです。
霊感霊視で正確な情報を仕入れられるのであれば、正確で現実的な回答をするに決まっているじゃないですか。
視えない手段で何かが分かるなら、現実に活かそうとするのが当たり前です。
私からすると本当にそれは当たり前なんです。

できないから非現実的な話に逃げてるんじゃないの?という視点を持って下さい。
2万人弱の霊能者・スピリチュアリストが、200万人弱をオウム的手法で洗脳しています。
私はこれに怒りを通り越して、破壊をもたらしていきたい。

そんな業種、無くなってしまえとすら感じています。

とにかくそのような偽者霊能者・スピリチュアル占い師に覚えのある方は、何も言わずに噛み付きもせずにとにかく今すぐ裸足で去ること!
そういった書籍など全て捨ててしまうこと!ブックマークも削除!が推奨です。

場合によってこれは、あなたの人生への最後通牒です。

こんな内容を書くことは私には一切のメリットもありません。業界が縮小したら私の仕事も見事に減るでしょう。
そしてこの記事はかつてないほど私の印象が悪くなるような強い書き方をしているのかもしれません。

しかしそんな事はどうでもよく、一人でも多くの人を地獄からすくい上げたい!という一心です。
この記事をご覧の思い当たる節がある方は、どうかこの記事を深く深く読み込んでいただきたいです。
名古屋の霊能者からのお願いです。

祈願しておきますね法


これは結局「逃げに使う人が居る」という内容で、正しくは私も間違ってやらかしてしまっている場合もあるかも知れません。
本当に心から正直に申し上げて、正式正当な方法で全力で成果を狙って、100%に近く結果・成果は得られているのですが、中には1件2件無理だったケースも過去にはあります。
これは祈願先の霊的高次存在が諸般の事情により祈願の拒否を行われた件か、時期の変更や様子見を成された特殊なケースになります。
(ただ、それ以外で劇的な結果を出し、不可能を可能にしたケースは尋常ではない数あります。)
また本当に本物の霊能者・スピリチュアル占い師だったとしても、どこまでいっても人間で「神そのもの」ではないゆえに「弘法も筆の誤り」が必ず有るので、彼等のために書くのも申し訳ない。

そのため書くのは悩ましいところですが、完全な「偽者の霊能者」にとって「伝家の宝刀」たりえる方法になりますので、この方法はぜひ知っておきましょう。

—–
お客さん:彼氏と別れちゃって、でもとっても復縁したいんです。なんとかなる方法はありませんか?

偽者の霊能者:うーん、辛いですね、苦しいですね、分かります。では祈願しておきましょう。

~一週間後~

お客さん:彼氏と連絡が取れません。

偽者の霊能者:うーん、辛いですね、苦しいですね、分かります。では祈願しておきましょう。

~二ヶ月後~

お客さん:彼氏と連絡が取れません。

偽者の霊能者:うーん、辛いですね、苦しいですね、分かります。では祈願しておきましょう。

~二年後~

お客さん:彼氏が違う人と結婚しちゃいました

偽者の霊能者:うーん、辛いですね、苦しいですね、分かります。祈願が届かなかったのですね。しっかりと行ったのに。
—–

こんな感じです。
当たる・当たらない、こうした方が、ああした方が、というアドバイスを放棄して、同意同調をしてカウンセラーを演じてから、「祈願しておきますね」で完膚なきまでに逃げる手法です。

「祈願」というのは手っ取り早い解決手段に思えて、その実「効く・効かない」の土台で勝負しません。
「前向きに検討致します」と同じ、YESもNOも言わないことで、当たらないからやめよう、外れるからやめよう、とも「お客さん」がなれない手段になります。
このループを貫く偽者霊能者に当たると、死ぬまでこればっかりをリピートされ、そのたびにお金が掛かってしまいます。

カウンセリングに行っているのか占いに行っているのか分からない感じのまま、貴重な時間や年月が過ぎ去ってしまいます。
二年経てば二歳年齢が増すのが人間です。
上記のようなくだらないループに叩き込まれている方は、時間の無駄を自覚してさっさとその偽物の霊能者およびスピリチュアル占い師から逃げましょう。

全肯定からのクレーム対応会社任せの術

地獄の鬼以下の大外道にして畜生、人間の名折れ、真の社会悪がこの「全肯定からのクレーム対応会社任せの術」を使う偽者霊能者・スピリチュアル占い師です。
—–
お客さん:彼氏と別れちゃって、でもとっても復縁したいんです。なんとかなる方法はありませんか?

偽者の霊能者:大丈夫です!復縁できますよ!6日後に必ず連絡が来ますから!大丈夫です!!!

~一週間後~

お客さん:彼氏から連絡が来ませんけど・・・

偽者の霊能者:え!?じゃあ一週間後に必ず連絡が来ますから大丈夫ですよ!!

~一ヶ月後~

お客さん:彼氏から連絡が来ないじゃないの!!!

偽者の霊能者:うーん、申し訳ございません。このような内容の場合は運営事務局に取り次ぐように言われておりまして、申し訳ありませんが運営事務局に相談して頂けますでしょうか。
       では失礼致します(ガチャリ)

お客さん:ひどい!嘘を言われた!

運営事務局:すみませんすみませんすみません・・・

別のお客さん:彼氏と別れちゃって、でもとっても復縁したいんです。なんとかなる方法はありませんか?

偽者の霊能者:大丈夫です!復縁できますよ!6日後に必ず連絡が来ますから!大丈夫です!!!
—–

以上のケースです。
結局、1回目2回目3回目の占い中にお客さんは偽者の霊能者(スピリチュアル占い師)にお金を払っているわけです。
多分、このようなケースですと電話占いなどでしたら例えば1分320円×120分ぐらいですから、お客さんは約38,400円を支払われているわけです。

「ごめんなさい・ガチャリ」と「すみませんすみませんすみません」をするだけで38,400円売上が上がるのであれば、ビジネスとしては成立します。
そう、この仕組を仕組んでいたのは運営事務局だったのです!という話です。
(私が居た電話占い会社はそのような事はしていませんでしたが、他社の運営の多くがこれをやっているor示唆しているという話はよく聞きました。)


運営事務局:うちでお客さんは納得されるまで謝りますんで、全肯定しといて下さい。良いですか。あとはマニュアル通りに、魂とか前世とか守護霊とか言っといて下さい。

偽者の霊能者:分かりました。

みたいな感じですね。
たった9分間のクレーム対応で38,400円の売上が上がるんでしたら、いかなる業種でもやる会社はあるでしょう。

私が鬼なら今すぐ地獄の最下層に運営者ごと連れ去りたいケースです。
肯定は人の人生を壊す場合がある、という良い例です。
嘘で言う「綺麗」「かわいい」「美人」だったら悪にはなりきれませんが、嘘(未必の故意)で言う「絶対に大丈夫」「結果は良くなる」「安心して」は無責任で、時にとんでもない罪になります。
ましてやそれをビジネスにだなんて!といったところで地獄すら生ぬるい件です。

占い産業は一兆円規模、電話占いは数百億円市場だそうです。
電話占い会社は企業価値が高く、M&Aの対象として非常に価値があるものとして取引をされています。

その一端がこの肯定→謝罪のビジネスモデルです。
これらの業により、生きるのが恐ろしいほどの出来事が起こりますので、皆さまはやってはいけません。

さいごに


いかがでしたでしょうか。私は基本的に、本当の本当に現実主義者ですから、占いや霊能者やスピリチュアル占い師を頼るということは推奨をしません。
迷ったらまずカウンセラーだと思います。そちらの方が愛があって事実に基づいてお話をして下さいますでしょう。
いえ、それ以前にやはり友人とファミレスで語る、といった方が良いでしょう。実質ドリンクバー代+αで済みますし、友情も深まります。

だからこそ、私はこんな業界なんて必要ないとすら思っていますし、霊能者など消えてしまえと感じています。
ただその中に、僅かながらの本物が居て、健やかに正しい鑑定をして人を導いていって欲しいのです。

40%~70%しか当たらないのがスピリチュアル以外の「占い」です。
スピリチュアル・霊能者は0%~100%まで当たる幅があります。

「コンビニの60%ではお金を支払っても商品がもらえない」なんてことが有りますでしょうか?
占い業界ではあるんです。お金を支払っても価値が受け取れないことが、それも大半で。

ですから懸命な皆さんは、本物の霊能者や本物のスピリチュアル占い師にたどり着くか、もしくは探すこと自体を辞めて下さい。
探すのであれば、ぜひ私へどうぞ。その時には「100%」をお見せしたいと思います。

皇導