霊能者占い相談所 神気界の”開かずの間”「事務室」


霊能者占い相談所 神気界の”開かずの間”「事務室」

神気界 皇導です。

霊能者占い相談所 神気界にお越しの方で見掛けた方もいらっしゃると思いますが、神気界には「事務所」というプレートが貼ってある部屋があります。

間違って入ろうとすると私が止めるという、ご相談者様からすると謎の部屋になります。

どうでしょう。見るからに謎めいています。

別に中身はホラーな空間が広がっているわけではありません。

今回、今後のある神気界の計画のために改装をし綺麗な状態へと整えましたので、ご紹介を致します。

黒を貴重にしたPCスペースと、モダン風な他の空間にしてみました。
特にカラートーンから選んだセミオーダーの木製ブラインドと、天井の照明が気に入っています。


神気界の家具選びは、以前から混沌としています。
基本的には「和×北欧×イタリア」の掛け合わせになります。
この部屋も、「ゲーミング家具×モダン」という掛け合わせです。(ゲームはしませんが)

私は照明、ソファ、テーブルなどなど、個別の「究極に良い」と感じた物を選ぶ傾向があります。
揃った「究極」同士が調和せずに叩き合うような、しかし歪ではなく、新しい。
そんな空間作りを目指しています。

気になられていた方もきっと多くお見えになるかと思いますが、ご相談者様方からするところのあの”開かずの間”の中身はこのような感じです。
霊能者らしさの微塵もない空間で、申し訳ないです。

ちなみに私自身、先代の父からこの仕事を引き継ぐ前には普通の仕事も行なっていましたが、特に22歳ごろから行なっていたウェブデザイナーとしての経験が今現在でも生きているように感じます。
そして現在はなぜかテキストライターのような姿でもあります。実作業がテキスト以外できないウェブディレクター?かもしれません。

お寺のお子さんは、大人になり仏教の学校を卒業した後に、「里の行」といって普通の仕事に数週間から数年の間、就職をさせられると言います。
私もその実そんなような時期だったのかなあと、全ての知識と経験が活かせている今では思います。



また「ある計画」とは、あまりにもホームページ周りでお困りの法人経営者のご相談者様が多いために、そして神気界などのホームページ周りの私の負担があまりにも高いために、
もはや自社でウェブデザイナーさんを雇用してしまおうか、という計画です。(まだ詳細は決まっていませんが、ご応募されたいウェブデザイナー・ディレクターさんがいらっしゃいましたらお問い合わせ下さい)
これは実は、そのための一人部屋で、デスクです。(私の普段の作業スペースはまだ別にあります)

取り急ぎは来月ごろに公開する「リニューアルされた神気界のウェブサイト」と、10月10日公開予定の「スピリチュアルアクセサリーの新ブランド」の2点のために、鑑定時間以外の全てを割いています。
神気界の創る「新しいスピリチュアル」がお目見えするまで、あと少しです。

ご期待下さい。


皇導