コラム

COLUMN

トップ>コラム>霊能者視点

生霊とは?霊能者視点での完全解説!生霊のセルフ除...

2020年03月26日
生霊とは?霊能者視点での完全解説!生霊のセルフ除霊法も紹介
  • 霊能者視点
霊能者鑑定所 神気界 皇導です。 最近何件か生霊に関してのお問い合わせや、生霊の除霊の依頼がありまして、かつテレビで生霊というフレーズを耳にしましたので、「生霊とは何か」について、霊能者として書き記していきます。 昨今では生霊の定義があやふ

霊能者視点での「前世」とは何か

2020年02月17日
霊能者視点での「前世」とは何か
  • 霊能者視点
神気界 皇導です。 某歌手によるヒット曲のせいか、ここ数年「私の前世はなんですか?」という質問がちょくちょくやってきます。 当方は前世というものを霊視できますが、当方自らが前世の話を持ち出すことは今まで一度たりとも有りませんでした。 それこ

「恋愛運」「運命の人」についての霊能者視点での詳...

2020年01月10日
「恋愛運」「運命の人」についての霊能者視点での詳しい解説!
  • 霊能者視点
神気界 皇導です。 当方のコラムにはあまり無かった内容として先日金運に関するコラムを投稿いたしましたが、内容についてのお問い合わせをかなり頂戴しており、好評を頂いております。 そこで「スナック感覚で読める文体で皆さんが本当に知りたい疑問に答

金運について霊能者視点の解説!金運が上がる方法も...

2019年12月13日
金運について霊能者視点の解説!金運が上がる方法も紹介
  • 雑記
  • 霊能者視点
皇導です。 最近ではコラムから私のサイトをご覧になる方も多いため簡潔に自己紹介をしますと、私は父から継承し二代目として愛知県名古屋市にて対面鑑定・電話鑑定を行っている、現在までに15,000件以上の鑑定を行ってきたプロの霊能者です。 霊的な

霊能者視点での「穢れ(ケガレ)」とは?発生要因や...

2019年08月19日
霊能者視点での「穢れ(ケガレ)」とは?発生要因やお祓い、浄化方法・祓い方を解説
  • 神社について
  • 雑記
  • 霊能者視点
皇導です。 皆さんは神社参拝の折、 「鳥居」をくぐる 「手水舎(てみずや)」で手と口を清める ご祈祷を受ける際には「お祓い」を受ける と思います。 何の気無しに「作法だしやっている」という方が全てかと思いますが、これは「穢れ(けがれ)」とい

霊能者視点から「電話占い」の光と闇を語る!電話占...

2019年07月20日
霊能者視点から「電話占い」の光と闇を語る!電話占いはほぼ詐欺である
  • 霊能者について
  • 霊能者視点
神気界 皇導と申します。 皆さんは「電話占い」という業態をご存知でしょうか。 相場は1分あたり240円~330円までで、占い師へ相談ができるサービスです。 初回は1,000円分が無料や3,000円分が無料、はたまた10分間無料等で鑑定が依頼

霊能者視点でぬいぐるみや人形に宿る

2019年06月29日
霊能者視点でぬいぐるみや人形に宿る”生”をチェック!人形の処分方法も紹介
  • 雑記
  • 霊能者視点
皇導です。 今回はタイトルから想像されているよりは難しくない上、特にそこまで怖くはない話になります。 以前、私は空き家の中にあるとある人形を除霊してくれという案件を請け負いました。 この人形かと思って手にとった時に、人形の目が生き生きとして

霊能者視点で解説!願い事成就のための神社選びで脱...

2019年06月11日
霊能者視点で解説!願い事成就のための神社選びで脱「お門違い」願い事別神社も紹介
  • 神社について
  • 霊能者視点
皇導です。 皆さんは神社への参拝はなぜされるのでしょうか? 一番近いから 気になったから そのような理由でしたら大変良い理由かと思います。しかし、 見かけたから テレビで見たから なんか流行ってるし 御朱印集めたいから 意味わからないけどと

【投稿コラム人気ランキング 2019年5月調べ】...

2019年05月25日
【投稿コラム人気ランキング 2019年5月調べ】
  • 神気界について
  • 雑記
  • 霊能者視点
皇導です。 当方は筆不精で、また、文章を作る速度も早くはありません。 話せば簡単に伝わる事でも、文章となると言葉や単語を選び抜いて伝えなければ、と感じるためです。 当方がコラムを投稿し続けて早2年4ヶ月程度となり、月間の閲覧数は1万ページビ

霊能者視点で「幽霊・悪霊」の発生メカニズムを解説...

2019年05月23日
霊能者視点で「幽霊・悪霊」の発生メカニズムを解説!幽霊とはどうやって発生するのか?
  • 悪霊など
  • 霊能者視点
注意! ※私は慣れすぎていて関心も失っているほどで、さも当たり前のようにこれらの文章を書いていくわけですが、怖いのと気持ち悪いのとがもしかしたら少しだけ有るのかも知れません。苦手な方は読まないほうがよろしいのかなと思います。 皇導です。 皆